りんごで交流・地区活性化

青森県南津軽郡大鰐町


 彦根りんごは、かつて彦根地方で栽植されていた和りんごです。広く栽培されていましたが、欧米から移入した西洋りんごに比べると、味も大きさも劣るもので、明治以降、次第に栽培されなくなりました。右図で、その大きさをふじと比較してみて下さい。

 滋賀県彦根市付近にお住まいの有志の方々が組織する「彦根りんごを復活する会」の2代目会長の八木原俊長氏によると、氏の祖父太郎作氏が、多くの方々に彦根りんごを育ててもらうのだと、春先に接木をしていたのを手伝った記憶があるということです。
 俊長氏のご家族は、このりんごの木を祖父の宝物として大事に育成しておりましたが、昭和30年代に入って、ゴマダラカミキリによって枯らされてしましました。
 その後、父上の俊文氏は、彦根りんごを探しましたが、どこにも見つからず、いつしか忘れ去られていきました。一つの品種の絶滅です。

 話は別になりますが、彦根市の田島一成氏は、昔、彦根りんごが、かなり栽培されていたらしいということを知り、興味を持ち、このりんごを復活したいものと考えました。2003(平成15)年5月に尾本正和氏(
後に彦根りんごを復活する会の初代会長として活躍・現在は事務局長)に相談します。尾本氏はいろいろと奔走し、金沢で和りんごを手に入れますが、それが彦根りんごなのかどうか見当もつきません。どなたか知っている人がいないかと調べているうちに、八木原俊長氏が詳しいのではないかということになり、二人は、2003(平成15)年8月14日、八木原氏宅を訪ね、「彦根りんごの話を聞かせてくれ」と頼みます。八木原俊長氏は、祖父の願っていたことを自分がもう一度挑戦してみようとの気持ちが大きく膨らみます。俊長氏、61歳のことだったそうです。

 いろいろと苦労の結果、オーナー会員制の「彦根りんごを復活する会」が、2004(平成16)年1月、会員30名で発足。やがて、2007(平成19)年3月、彦根市今西町西今町141に彦根りんご園を開設。さらに和りんごを含む約50種類を栽培する民間の試験農場として誇れる施設を、彦根市・米原市に設けるまでに発展します。
 絶滅した品種の復元
()という大事業がスタートすることになり、調査のため、青森、長野、石川……と、気が遠くなるほど往復を繰り返し、努力が続き、ようやく、これならという彦根りんごとよく似た性質をもったりんご品種「平成の彦根りんご」として復元することができました。その間、この活動には、滋賀県知事さん、彦根市長さんはじめ、多くの方々の理解と賛同が得られ、彦根市を中心とした大きなうねりが起こります。それらの過程は、下の文献1)に詳しく書かれています。

 2009(平成21)年2月に、大鰐町の活性化を目指した組織「OH! ! 鰐 元気隊」のメンバーが彦根市を視察に訪れたのを契機に、交流が始まり、大鰐町に彦根りんごを植え、彦根市と大鰐町がりんごを通じての末永い交際と地域興しをすることになりました。
 そのため、2010(平成22)年4月24日、滋賀県彦根市の「彦根りんごを復活する会」のメンバー8人と狂言師2人が、自動車にりんご苗木を積んで、遠路はるばる、大鰐町を訪れ、大鰐町に和りんごの品種である彦根りんごの苗木20本を寄贈しました。今後、「大鰐和りんご」として育てていかれます。
 寄贈された苗木は、大鰐町地域交流センター「鰐
come(わにかむ)」の玄関前に、鉢植えで5本、町内の農園で3本、残りの12本は、大鰐小学校構内の空き地に子供たちの手によって植えられました。その際、関係者が集まり、植樹祭が行われました。

 植樹祭で、彦根りんごを復活する会の八木原俊長会長
(第2代会長)は、
「日本一のりんごの生産地に、和りんごというものをもってきました。これは、平安時代に中国からもたらされたとされる、ピンポン玉くらいの小さな実をつけるりんごで、薬にしたり、仏さまへのお供え物にするなど、日本各地で大切にされてきました。西洋りんごが日本に導入され前には、全国各地で栽培され、その土地にちなんだ名前で呼ばれたりなどしています。青森県でも、以前は大切な果物としてたくさん作られていました。
 先人達がこのように大切にした果物を覚えておいていただこうと、私たちは「日本和りんごの会」を立ち上げ、和りんごを再び日本全国に広めて行きたいと思っています。
 縁があって、平成18年から、青森県にお邪魔し、りんごの勉強をさせていただいています。その勉強の結果をこういう形で皆様にお返ししたいと思います。きっと、記憶に残るかわいらしいりんごができて、心の中で誇らしい、いい思い出ができると信じています。
 どうぞ、このりんごを大切に育てていって下さい。」
という意味のご挨拶をなさいました。

 子供たちは嬉々として、苗木を植えています。この子供たちが大きくなったとき、この樹もしっかりと、この大地に根づきます。そして彦根市との関係もますます強くなります。

 無事に植え付けが済みました。彦根りんごを復活する会の会長さんはじめ品種復元に苦労した皆さん、大鰐町の町長さん、OH! !鰐 元気隊の皆さん、子供たち、学校の先生方、みんなニコニコです。子供たちはどんな果実がなるのか楽しみにしています。
 大鰐町はりんご生産地です。りんごの専門家がたくさんいる地区です。りんごの世話の心配はありません。


 植樹祭の後、大鰐町地域交流センター「鰐comeわにかむ)」で、子供たちを交えて交流会が行われ、彦根市からおいでの狂言師による古典狂言(約20分)と創作狂言…和りんごの伝来を語る…(約10分)や、ゲームによる彦根グッズプレゼントが行われたそうですが、80歳の爺の私は、体力が持たず、交流会には参加できませんでしたので、様子はわかりません。残念でした。

 ()品種の復元
復元された品種「天草大王」
 何らかの原因で品種が絶滅したとき、その絶滅した品種と同じ特徴をもつ品種を作り出すこと。
 肥後五鶏の一つに、「天草大王」という極めて大型の鶏 (雄の最大のもので背丈90cm、体重約7kg)が飼育され、「博多の水炊き」用として、 たいへん珍重されていましたが、大型種のため産卵率が低く、卵肉兼用種が主流となった昭和初期頃に絶滅してしまいました。
 熊本県農業研究センター(合志市)では、「天草大王」を利用した高品質鶏肉を生産することを目的に、1992(平成4)年、品種復元の取り組みが行われました。アメリカから基礎鶏である「ランシャン種」を輸入し、文献を基にランシャン50%、シャモ25%、熊本コーチン25%の血液割合で交配した基礎鶏を閉鎖群により一年一世代の割合で選抜淘汰を繰り返しました。
 その結果、2000(平成12)年の第七世代で羽色、体重、体型から見て昔の「天草大王」とほぼ同じ形態となり、復元に成功しました。日本犬の「秋田犬」や金魚の「津軽錦」も復元された品種です。
 彦根りんごの復元過程については、わかりませんので、省略します。


 〈文献〉  1  「彦根りんご物語」 第1刷 2009年3月
           
編集・発行 「彦根りんごを復活する会」彦根市西今町542
   2  天草大王の復元とその利用   松崎正治・山下裕昭・高橋敏則
           http://kumamoto.lin.gr.jp/tori/jidori2.htm
   3  肥後五鶏の画像ダウンロード
            http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/85/download.htm