世界中のすべてのふじはこの樹から

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所
リンゴ研究拠点圃場
盛岡市



 
 農林省園芸試験場東北支場は、1938(昭和13年)、青森県藤崎町に設置されました。
 翌年、国光デリシャス花粉)を交配し、種子2,004粒を得ました。1940(昭和15)年にその種子をまき、実生968個体を得ています。
 ふじはこの実生の中の1本で、1955(昭和30)年に選抜を完了しています。当時の個体番号はロ-628で、卓越した味と貯蔵性で注目されていました。この間、園芸試験場東北支場は昭和25年に東北農業試験場園芸部となっています。
  1958(昭和33)年の園芸学会春季大会において東北7号として発表され注目を集めます。1961(昭和36)年に、東北農業試験場園芸部が園芸試験場盛岡支場(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 )として岩手県盛岡市に移転し、それにともなって、原木も、1961(昭和36)年に、青森県藤崎町から岩手県盛岡市に移植されました。
 この東北7号ふじと命名され、リンゴ農林1号として登録されたのは、1962(昭和37)年のことで
〈文献1〉、世界中のすべてのふじは、この原木の枝を直接・間接に接木をして増殖されたものです。接木されて増殖した樹木の根はふじの細胞ではありませんが、原木は根も葉も枝もすべてふじなのです。
 盛岡市にあるふじ原木は今年(2015年)で75歳になります。原木前には説明板があり、次のように書かれています。

 2007年10月6日撮影


ふじ原木・地域の願い・学校の活動

ふじ原木(株分け)

 
 役場前の「ふじ」原木の“ヒコバエ”と記念碑
2002年10月20日撮影
 1992(平成4)年、ふじ命名30周年にあたるこの年、藤崎町の有志の働きかけにより、盛岡市にある農林水産省果樹試験場盛岡支場(園芸試験場盛岡支場・現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点)のふじ原木の根元より1本のヒコバエを譲り受け、藤崎町役場庁舎前に植栽しました。そして、そのそばに、藤崎町が「ふじ発祥の地」であるという記念碑が建てられました。
 この樹は正確には原木とはいえませんが、この樹の根も幹も葉もすべて原木の細胞と同じ遺伝子を持っている貴重な記念樹です。
 写真のように順調に育っておりました。しかし、役場庁舎前の広い駐車場の中でしたが、コンクリートに囲まれた限られた面積のところに窮屈そうにしているのが、気になりました。

 
 藤崎役場前から藤崎園芸高校(現弘前実業高校
藤崎校舎)第2農場・ロータリー前に移植された
「ふじ」原木の“ヒコバエ”
2004(平成16)年11月1日撮影
 藤崎町の関係者の方もいろいろと心配しておられたのでしょう。関係者間の相談がまとまり、2004(平成16)年4月に青森県立藤崎園芸高校(現・青森県立弘前実業高校藤崎校舎)がこの樹を譲り受け、同年5月に、同校の第2農場・ロータリー前に、生徒達の手により移植され、好適な環境でのびのびと育つことができるようになりました。
 幸い、記念碑の移植前の原木ヒコバエ)から、さらに新しいヒコバエがでていましたので、役場前にはこの新しいヒコバエを残すことにしました。

 藤崎園芸高校は、かつて
ふじが生まれた農林省園芸試験場東北支場が盛岡に移転した後の敷地の一角に校舎をもつ、全国唯一のりんご専門の課程をもつ貴重な高校です。りんご栽培の専門家を養成する学校です。そしていろいろな品種の多数のリンゴの樹が栽植された広い広い農場がある学校です。
 「
ふじ原木のヒコバエ」は故郷に帰り、育種された地に根を下ろしたことになります。
 のびのびと枝葉を伸ばし、根を広げ、大樹になることができる安住の地に住むことができるようになりました。左上の写真は、樹のやや南側から撮影したものです。移植したばかりでしたから、果実をつけさせません。
 
 藤崎役場前から藤崎園芸高校(現弘前実業高校藤崎校舎)第2農場・ロータリー前に移植された
「ふじ」原木の“ヒコバエ” 
2012(平成24)年11月5日撮影
 
 上の写真左側にある案内板の拡大
 上の写真は、第2農場・ロータリー前に移植されてから、満8年経過した「ふじ原木のヒコバエ」の成長した姿です。支えの棒もはずされ、すっかり、故郷の大地に定着し、たくさんの果実をつけ、見事になりました。 環境も整備され、名前を書いた太い柱や案内板も設置されました。
 柱や案内板には、ふじ原木(株分け)とありますから、これからは、そのように呼ぶことにします。少し、 風格さえ出てきたように思います。


 ただし、残念なことに、2014年10月20に訪問しましたら、この樹は腐乱病に侵され、治療中で、満身創痍の状態でした。早期の回復を祈るものです。



ふじ原木公園
青森県立弘前実業高校藤崎校舎
校舎正面・国旗の側に ふじ原木故郷 とある

 
藤崎園芸高校(現・青森県立弘前実業高校藤崎校舎)では、2004(平成16)年2月に盛岡市にある独立法人果樹研究所りんご研究部(現 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所リンゴ研究拠点 盛岡市)より、ふじ原木の穂木(台木に接ぎ木するために切り取った枝のこと)15本を貰いうけ、同年4月生徒職員の手により57本の台木に接がれました。そのうち52本が生存しています。
 リンゴは、原則として、挿し木や取り木で増やすことはできません。枝から自根を発生させることが極めて困難ですから、原木から採取した枝(穂木)をいろいろな系統の台木用品種の地下部に接ぎ木して増殖します。したがって地上にでている樹は台木からいろいろな影響を受けます。また、ふじは「枝変わり(体細胞突然変異)」により、着色・収穫時期・味などの改良が進み、現在、各地の畑に栽培されている樹は、原木とはかなり違ってきています。

 学校では、次のようにして、原木穂木から直接発根させ、台木は切り捨て、幹も枝もそして根も、すべてふじ原木と同じ遺伝子をもった樹をたくさん作り、いつでも育成当初と同じ形質のふじを観察できる、ふじ原木公園を作る予定をしていましたが、2004(平成16)年に、矮性台木(M9)に接木された原木の枝(穂木)から、次図のような操作で、発根させることに成功しましたので、2009(平成21)年5月20日に、台木を切り離し、根も茎もふじ原木と同じ遺伝子をもつ8本のリンゴ樹を作り、原木公園に移植しました。台木切り離しと移植の作業は、藤崎校舎の課題研究「果樹班」の3年生11人によって、

原木から、自根を出させる方法とその過程
@  2004(平成16)年2月16日 果樹研究所りんご研究拠点(盛岡市)から、原木の枝(穂木)を貰い受ける。
A  2004(平成16)年4月19日 穂木57本を、矮性台木(M9)に接ぎ木。
C  2006(平成18)年4月20日 茎(幹)下部に10数本の浅い傷をつけ、その周りに箱状の囲いを設け、土寄せをして自根の発生を促す。
E  2009(平成21)年5月20日  原木の囲いを外し、台木部分を切断して、自根のみとして圃場に、8本移植。

 
 自根がでた樹(原木の枝)から台木を除去する方法作業に参加したのは、藤崎校舎の3年生生徒11名です。


原木公園にある案内板と柱
 青森県で、ふじ原木と同じ遺伝子をもつと言い切れるのは、藤崎町から譲り受け、第2農場・ロータリー前に移植された1本のふじと、生徒達の手によって接ぎ木され、さらにその穂木から発根させたふじだけです。
 生徒や職員の願いは、原木のふじと同じ遺伝子をもつ、貴重なこれらの
ふじを大事に育て、「ふじ原木公園」として後世に伝えることだそうです。

 原木公園の除幕式は、藤崎町の町長さんと商工会会長さんに出席していただいて、2004(平成16)年10月に行われました。
 また、台木を除去し、「ふじ原木公園」に移植する作業は、藤崎町副町長さん、商工会会長さんにおいでいただき、2009(平成21)年5月20日に行われました。

原木公園 2009(平成21)年5月22日撮影
 下は公園ができて、3年後の写真です。活着したのは3本だけでした。そのうちの1本には、たくさんの果実がついています。
 
 原木公園 2014(平成26)年10月20日撮影

 この教育活動で、生徒が故郷に誇りを持ち、一人一人が自信をもって生きていくようになることと、ふじ原木公園のますますの発展を祈念します。
 
取材にあたり、高校の関係者の皆さんには暖かいご指導を頂きました。

 〈文献〉  1  リンゴふじの60年 「ふじ60周年記念誌」刊行会
   2  藤崎園芸高校からのFAX送信票 平成16年11月1日
   3  これまでの「F-Project」とりんごに関する主な活動について
                  
青森県立弘前実業高等学校藤崎校舎 農場部 三上浩樹