いろいろな品種も観察できるりんご総合施設
 板柳町ふるさとセンター


青森県北津軽郡板柳町大字福野田字本泉34-6


 
  板柳町ふるさとセンターは、財団法人板柳町産業振興公社りんごワーク研究所のりんごに関する総合施設で、1987(昭和62)年に開設されました。右の建物は本館で、内部には、いろいろな施設のほかに、立派な「りんご資料館」もあります。

 

 本館の近くには、左図のような農産物直売所「とれたて市」があり、付近の生産者が育てた新鮮な、りんごその他の農産物や加工品が販売されています。




 ふるさとセンター正門から入ると、本館の周りに、国内外の、たくさんのりんご品種が植栽されている「品種見本園」があります。自由に見学できますので、各種のりんごの花や果実を観察したければ、ぜひ訪れたい場所です。
 

 少し奥まった場所には、源泉52℃のナトリウム塩化物かけ流し温泉やレストランがある、下のような青柳館があり、楽しめます。ゆっくりと体と心を癒し、元気を付けてください。
 

 リンゴを素材の創作工房工芸館もあり、中には「りんご草木染」工房、「林寿」工房、「りんご菓子」工房、りんごの木の灰を活用する「陶芸」工房などがあります。盛んに利用されています。
 

 本館と工芸館には、喫茶室と売店りんごショップがあります。



   

 喫茶室にはりんごを使ったメニューが用意されています。



 売店には、ふるさとセンターりんご加工場で作った各種の製品やリンゴを素材にした地場産品が置かれています。センターの製品には、下のような、リンゴの樹のブランドマークが付いています。


 左の図をクリックするとブランドマークのモデルになったりんご樹の写真と解説がでます



 
 また、青柳館の後の広場には、ニュートンのりんごが植えられています。
 ニュートンのりんごについては、品種説明の「ケントの花」をご覧ください。









右のロゴをクリックするとふるさとセンター付近の地図がでます。