市街地の中のりんご畑
青森県庁構内りんご園と記念碑
青森市長島1丁目1番地

 
 青森県庁南棟の南側、国道7号線と4号線の接点の北側に、ビルに囲まれたりんご園があります。
  56m×16mの長方形の土地に、りんごの樹が元気に育っています。
 青森駅から10分程度の市街地のど真ん中、バス停青森県庁前でバスを降りるとすぐ目前にりんご畑があり、春にはきれいな花を楽しみ、秋にはたくさんの果実を眺めることができます。

 下図は県庁構内りんご園にどのような品種が、どのような配置で植栽されているのかを模式的に表したものです。
 2014年には、ふじ 2本と、つがる王林国光紅玉王鈴千雪星の金貨の7品種、各1本の9本が植えられいます。その他に、矮化栽培樹も植えられていますが、品種名は分かりません。
 
 

 
 樹木の前には、説明板がありますので、何という品種か、特徴は何かなどが、すぐわかります。また、りんご園の中央には青森県りんご百年記念碑と沿革碑あります。

 明治政府は、日本に新しい産業を興さないと列国に伍していけないと、多様な政策を実施します。その一環として外国から、いろいろな果樹の苗木を大量に移入し、明治7年から9年にかけて全国に配布します。それを担当した当時の官庁が内務省の勧業寮でした。
 そのときに青森県が受領した苗木は、りんごだけでも、明治7年分として明治8年春に配布された3本を皮切りに、同年秋に75本、9 年秋に230本、計308本でした。りんご以外の果樹を含めますと2000本以上になります。
 最初に配布されたりんご 3 本は、1875(明治8) 年に、県庁の庭に大切に栽植されました。青森県で最初にりんごが植えられた場所は、県庁構内だったわけです。
 しかし、1945 (昭和20)年の青森市大空襲で県庁の建物(そして、おそらくりんご樹も)が灰燼に帰してしまいます。
〈お願い〉最初に植えられた 3 本のリンゴの品種は、なんだったか、いろいろ調べていますが分かりません。

 戦後16年経過し、日本の経済も立ち直り、現在の庁舎ができたのは、昭和36年のことです。その 2年後の1963(昭和38)年に、この記念の地である庁舎構内に再びりんご園が作られ、最初に国光スターキング陸奥紅玉が植えられました。最初に植えられたこれらのリンゴのうちいまも見られるのは国光だけです。
 それ以後、品種を更新したり、増やしたりすると共に、管理に努め、適切に整備され、たくさんの樹がのびのびと育ち、たわわに実をつけるようになりました。
 青森においでの節はぜひお立ち寄り下さい。

 県庁構内には、あまりにたくさんのりんごがあるので、このりんご、どうするのだろうと気になりました。係りの方に伺いましたら、毎年、福祉施設の子供を招待し、収穫体験と味覚を楽しんでもらうそうです。そのほかに、収穫して福祉施設に贈呈し、それでも余れば、県庁玄関に置いて、来庁された一般の方に無料で差し上げているとのことです。



 
 
 県庁構内りんご園の中央には、1975(昭和50)年9月17日に除幕した、上図のような青森県りんご百年記念碑があります。青森県岩崎村産の大きな錦石で作られ、白花崗岩台座に置かれおり、当時の竹内知事の撰文揮毫による、

先輩の健闘百年を受継ぎて われら拓かんりんご新時代

 と書かれた銅版が貼り付けられています。

 またその脇に、黒花崗岩の沿革碑があり、そこには次のような文が刻まれています。

 
明治八年四月 内務省勧業寮からりんご苗木三本が他の洋種果樹苗木とともに青森県に配布された 殖産興業政策による第一回の試植依頼である 当時 県庁租税課山林係の菊池楯衛が県参事塩谷良翰の命により県庁構内に植栽したが これが青森県りんごの最初の植栽である その後勧業方佐藤庸之助が育成の任にあたった 以来百年りんご産業は苦闘の歴史を重ねて今日の大産業を築いた ここにりんご百年を記念し 最初の植栽地に記念碑を建てて後世に伝えるものである
  昭和五十年九月十七日 
      青森県りんご百年記念事業会



 
 りんご百年記念として記念切手が発行されています。県内では当時、りんご百年を記念して記念切手を発行したいという希望が強く、郵政省に対して県当局ならびに県選出の国会議員からしばしば働きかけが行われました。 その結果、1975(昭和50)年の発行が決定しました。発行枚数は4千万枚、青森県だけを対象としたのではなく、全国のりんご百年を記念するものとしてでした。
 記念碑除幕当日、東北郵政局長から青森県りんご百年記念事業会長に記念切手が贈呈され、同時に全国発売もされたということです。


※りんご百年記念式典への招待者
 
1875(明治8)年に初めて青森県にりんご栽培が導入されてから1974(昭和49)年で100年になり、青森県では昭和49年9月30日に、弘前市民会館において1500名の来賓を招待し、盛大な記念式典が開かれました。
 その際に、当時の竹内知事の発案で、ジョン・イング(John Ing)
(注1)の子孫を招くことを計画し、米国大使館、共同通信社、日本貿易振興会などに依頼して探索に努めました。明らかになったのは次の3名です。
 ラヴィニア・イング氏 (ジョン・イング氏の娘90歳)
 マーガレット・ウェルチン氏 (ジョン・イング氏の妹の孫64歳)
 ドロシー・サピングトン氏 (ジョン・イング氏の妹の娘72歳)
 しかし、ラヴィニア・イング氏は老齢のため渡航が無理であるとのことで、あとの二人を記念式典に招待致しました。マーガレット・ウェルチン氏の夫エルマ・ウェルチン氏も同行しています。
 これは日本のりんご栽培のジョニー・アップルシードJohnny Appleseed
(注2)であるジョン・イング氏に、青森県が敬意を表した国際的親善行事であるとして、アメリカの新聞ラルドヴェク紙が賞賛しました〈文献1〉

(注1) ジョン・イング John Ing1840年〜1920年
 
アメリカ・イリノイ州で、メソジスト派の牧師の息子として誕生。 南北戦争参戦後、アズベリー大学で学び、牧師の資格を取ります。プロテスタントの布教史の上では、札幌のクラーク、熊本のジェインズと並び称される人物です。3人はいずれも、南北戦争における北軍の将校でした。
 ジョン・イングは、中国での長期間(7年間とも10年間ともいわれる)の布教活動を切り上げて、母国に帰る途中、日本の横浜に立ち寄り、弘前出身の本多庸一氏に会い、旧交を温めますが、その際、本多氏は弘前の東奥義塾創立者の菊池九郎氏に、ジョン・イング氏を紹介します。そこで菊池氏の熱意ある説得を受け、予定を変えて1874 (明治7) 年12月に、弘前の東奥義塾に英語講師として赴任することになります。同時に本多庸一氏も東奥義塾に赴任し、初代塾長になります。
 語られるように彼がもってきた果実の実生が印度だったかどうかは別として、帰国するまでの間に、津軽の青年たちに西洋りんごを食べさせて驚かし、明治開明期の青年たちのやる気を起こさせ、産業思想を吹き込んだことは忘れることができません。イングの滞在期間はわずかでしたが、津軽がいま、日本一のりんご生産地となった原動力は、イングに負うとことが大きく、また、彼はリンゴの他に、キリスト教や西洋野菜の栽培、鉱業、議会制民主主義などの幅広い知識を与えているなど、地域の文化向上に尽くした功績は計り知れません。
 1875年10月2日、イング宅に本多をはじめとする22名が集まり、祈りと共に教会を組織し、長老2名、執事1名を選挙しました。これが弘前教会の始まりです。しかし、家族の健康上の理由から、1878 (明治11) 年春に、東奥義塾を退職し、弘前を離れています。

(注2) ジョニー・アップルシード Johnny Appleseed
 アメリカ大陸には、移民によって、イギリスなどから幼木が持ち込まれましたが、気候風土に合わないためか、冬季に枯死しました。そこで、移民たちは渡航の際に食料として持ってきたリンゴの食べ残した種子を播いて育てました。それがうまく根付いて大いに繁茂しました。18世紀も間もなく終わろうとしていた頃のことです。さらにその後、西部開拓の流れに乗って、人々の重要な食料の一つとして全米に広まっていきました。
 それには、ジョン・チャップマン氏John Chapman
(1774年〜1845年) の功績が大きかったと言われています。
 彼は、生きているときから、「素足で雪を溶かして、その水をのんでいる」「ブリキの帽子をかぶり、その帽子で料理をしている」「誰にでも親切で、熊とも仲が良い」などといわれ、すでに伝説的人物だったようです。
 チャップマンは独自の宗教観をもった園芸伝道師でした。サイダー工場の絞りかすから集めたリンゴ種子を携え、西部開拓者とともにハドソン川流域、オハイオ州、アイオワ州などを旅しました。各地で、藪に分け入り、整地して種を播き、幼木を育て、安価で人々に売って広めていったと伝えられています。人々は彼に親しみと尊敬を込めて、ジョニー・アップルシード Johnny Appleseed と呼んだということです。
 これらのリンゴは、アメリカ北東部の各地に根づいて、さまざまな色や味の果実を実らせました。それらは、後に新しい品種を育てるための貴重な遺伝資源(交配親)として用いられました。19世紀以降、多くの品種が育成されて、リンゴ産業が世界中に発展したことは、ジョン・チャップマン氏の偉業のお陰といわれています。
〈文献2〉

 〈文献  1  青森県りんご百年史 青森県りんご百年記念事業会 昭和52年4月30日
   2  村端五郎 Apple ーその「実」と「名称」をめぐってー
         国際社会文化研究 第7号 
         高知大学人文学部国際社会コミュニケーション学科

左のボタンをクリックすると、
青森県庁付近の地図がでます。