青森県りんご研究所にある

青森県黒石市大字牡丹平字福民24


国光の古木の集団
上の写真の白い建物はりんご研究所の「りんご史料館」

 青森県りんご試験場(現・地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所)は、1931(昭和6)年に、黒石町(現 黒石市)および生産者などから土地、建物、施設の提供をうけて創設されたりんご研究の主要機関で、数々の実績をあげています。
 その土地に、1901(明治34)年に植栽されていたと記録のある国光の立派な樹木がたくさんあります。
 国光は日本のりんご産業を100年間にわたって支えてきた品種です。しかし、今はその役目をふじと交代しました。経済品種として復活することは無いと思います。国光の樹を農家の畑で見かけることはあまりなくなりました。もう苗が植えられることは無いと思います。試験場に残るこれらの木々は、わが国のりんご産業の記念樹です。大事に保存したいものです。

 試験場の正門を入ると、ロータリーの向こう側に、白壁の美しいイギリス風の建物「りんご史料館」が見えますが、そのすぐ右側の圃場に植栽されています。
 この圃場には、7.5アールの区画に18本の樹が植えられていましたが、現在残っているのは8本です。
 この区画は草生区と呼ばれ、実験のため、昭和6年にアカクローバーを播種して以来、草刈はするが耕したことはない区画です。生えてきた草を刈って園地に施し、その生草の自給肥料効果に期待し、草量の少ないときは化学肥料で補ってきましたが、1938(昭和13)年から27年までの間には化学肥料で窒素はまったく与えていません。しかし、1953(昭和28)年以降は三要素を化学肥料で施しています。その結果、下草は次第に遷移し、いまはナガハグサとスズメノカタビラが優占種になっています。
 りんご試験場では、1931(昭和6)年から、この区の樹ごとの着果数、収穫量、剪定した枝の重量、幹の太さを毎年調べています。樹齢100年以上で、いまなお一つのまとまった区として果実をつけ、毎年生育の記録をとられているリンゴ樹は世界中でここにしかないと思われます。

下のMapFan Web のボタンをクリックすると、りんご研究所付近の地図がでます。

 〈文献〉  1  山谷秀明 国光のつぶやき  剪定29 昭和61年8月
   2  山谷秀明 国光のつぶやきー草生区国光樹生育経過の史的考察ー
                               
剪定51 平成4年1月