今も元気です
日本一長寿の西洋リンゴ
神々しさを感じます


  青森県つがる市柏桑野木田(旧西津軽郡柏村)(緯度経度=E140.25.2.7N40.46.49.4)には、日本が明治初めに欧米から導入した、いわゆる西洋リンゴとしては、日本一古いと言われる樹が3本あります。


 1878(明治11)年に、当時の園主古坂乙吉氏が、青森県りんごの先覚者弘前市の菊地三郎氏から譲り受け植栽したもので、当時は40〜50本ほど植えつけたそうですが、いまでは、紅絞の樹2本と、の樹1本だけが残っています。

 青森県にリンゴが初めて植えられたのが、1875(明治8)年のことです。いかに古いリンゴ樹かお分かりいただけると思います。今年(2015年)で137年になります。この間、青森県のりんご栽培の歴史を見続けてきたことになります。
 主幹周 3.4mになる樹もあり、リンゴ樹とは思えないほどです。長年の風雪に耐えて生き抜いた風格は素晴らしいものです。花を咲かせ、枝を伸ばし、いまも毎年七千個以上の商品価値のある立派な果実をつけます。


紅絞の幹

祝の幹

  1960(昭和35)年、青森県指定文化財(天然記念物)に指定されました。また、栽培者は第21回木村甚彌賞を受けています。
 
 毎日のように全国各地から、長寿りんごにあやかりたいと、長寿祈願と豊作祈願に多くの人が訪れています。見学は前もって津軽長寿園(
Tel 0173-25-2057)に問い合わせてほしいとのことです。
      左のロゴをクリックすると、林檎樹のある地図がでます。