りんご栽培の歴史を語る

弘前市折笠のりんご園内


スターキング記念碑
 1928(昭和3)年の秋、東京銀座の高級果物店千疋屋を経営する斎藤義政氏は、わが目で見、わが舌で味わったものだけを売る主義だったので、果物行脚のためにアメリカを旅行中でした。
 ある日、ニューヨーク市で香りの高い、暗赤色の長円錐形の肩の張ったりんごを見つけました。そのりんごを購入してホテルの自室に持ち帰った彼は、このりんごのもつ芳香にすっかり魅せられてしまいました。味も、舌触りもすばらしい、理想のりんご、夢のりんごと思いました。
 翌朝、前日の果物店を訪ね、このりんごがスターキングデリシャスで、アメリカの新品種であることを確かめます。またこの品種の苗木は、ミズーリ州ルイジアナにある世界最大の種苗会社スターク兄弟商会の専売だということを突き止めるのです。いろいろと苦労してスターク商会と交渉して、ようやく苗木2本の購入を予約することに成功します。
 翌1929(昭和4)年春に、待望の苗木は送られてきました。彼はそれをそのまま青森県中津軽郡船沢村折笠(現・弘前市折笠)のりんご栽培家對馬竹五郎氏に転送してしまいます。この掛け替えない品種の育成を託するのは、對馬氏をおいて他にないと信じたからです。 斎藤氏は對馬氏の栽培技術の高さを当時から絶対信頼していたのです。
 苗木を受取った對馬氏は同村細越山にある自園のもっとも日当たりのよいところに移植しました。その際、先端を30cm ほど切り詰めたので、切り取った枝を紅玉の木に高接します。
 1931(昭和6)年、對馬氏が接いだ枝に初めて2個の果実ができ、彼は祈るようにその果実を観察していましたが、二つとも落果してしまいました。傷心した對馬氏をみて家族は厄介なものを背負い込んだと思ったそうです。
 翌1932(昭和7)年、苦労の結果、完熟果2個を収穫することに成功します。

 日本で初めてのスターキングデリシャスです。對馬氏はその1個を千疋屋社長の斎藤義政氏に送ることができました。千疋屋は宮内省御用達の果物店です。千疋屋社長はこの果実を大膳寮主厨長秋山徳蔵氏に届けたところ、大変喜ばれ、これは日本産第一号だから先帝陛下(大正天皇)のご霊前にお供えしよう。そして皇太后陛下に召し上がっていただこうと大宮御所へ届けました。そのとき秋山氏は「斎藤もまだ口にしておりませんので皮だけでもいただければ」とお願いしてくれたそうです。
 翌日、有難いお言葉とともに、りんご三分の一をお下げくださったということで、ようやく日本産第一号のスターキングデリシャスを味わうことができました。
 1933(昭和8)年には8個の果実を収穫でき、翌1934(昭和9)年からはまとまった量を収穫できるようになり、初めて市販されるようになります。
 初めて結実した果実は、色、味、香りのいずれをとっても素晴らしいものでしたが、当時の果物屋の評価はまったく別でした。
 昭和8年、千疋屋斎藤義政氏が東京都内の一流果物屋を招いて、對馬竹五郎氏から届けられた果実の試食会を開いたところ、對馬氏が期待していたのとは裏腹に、
 「こんな黒ずんだりんごは売り物にならない」
 「香りはいいがいびつで格好が悪い」
 「酸が少なすぎる」 などという意見が多く、不評だったのです。
 そこで仕方なく、斎藤氏は独力でこのりんごを商品として売り出すことを決意。昭和9年ショウーウインドウに枝つきのスターキングデリシャスを並べ、当時としては破格の1個1円で売り出しました。他の品種が1個10銭から15銭位であったので、まさしく人目を引く高価格です。しかし、不景気のどん底にあったにもかかわらず、空前の高値のりんごは瞬く間に売れてしまい、翌年は1個1円50銭で売られました。

 船沢村で生産されたスターキングデリシャスは全部千疋屋に送られ、運賃を含めて1箱35円にもなり、俄然、ブームが起こりました。当時の米価が1俵11円程度でしたので、このりんご1箱は米3俵にも相当したのです。
對馬竹五郎氏の胸像
 對馬竹五郎氏は、スターキングデリシャスの穂木を多くの人々に譲りましたが、穂木が盗まれることも多かったということです。しかし、對馬氏は穂木が盗まれるほどでなければ品種は普及しない、早く普及して生産があがることが発展に結びつくという考えであったため、この品種はアッという間に船沢地区に普及しました。
 1939(昭和14)年当時、すでに生産量1000箱の人も出てきています。
 昭和36年船沢農協から出荷したスターキングデリシャスは2万2千箱、37年には3万箱です。昭和40年代に入り、これまでの主要品種たった国光紅玉に代わってスターキング時代が開幕します。船沢地区の生産意欲は一段と高まり、その後の各種品評会においてスターキングデリシャスで毎年受賞するようになります。
 船沢地区の生産者はスターキングデリシャスの栽培で大きな経済的利益を受けたことから、同地区ではスターキングデリシャスなくしてはりんごを語れない程でした。
 對馬竹五郎氏の功績には非常に大きいものがあり、忘れることはできません。
 弘前市船沢地区細越山の對馬氏の園圃、スターキングの母樹があった場所に、スターキング記念碑が建てられています。1939(昭和14)年のことです。
 また、對馬氏は昭和31年に黄綬褒章を受け、32年には胸像が建立されています。胸像はいまでも弘前市立船沢中学校正門脇(経緯度=E140.25.8.7N40.38.22.5)から船沢地区のりんごを眺めています。

〈文献〉   1  齋藤義政著  くだもの百科  婦人画報社 昭和39年8月10日発行初版
   2  青森県農林部りんご課 スターキングデリシャス白書  昭和60年3月25日