食文化の違い?
大きいりんご、小さいりんご

フランスのホテルでの朝食

 外国を旅行すると、いろいろなりんごにお目にかかります。どの国のりんごを見ても、日本のように大きい立派なりんごだけを揃えて店頭に出しているのは、珍しいと思いました。
 外国の市販されているりんごを購入して、日本のりんごと比較したかったのですが、生の果実を購入して持ち込むわけにもいきませんのでそのままになっていました。
 機会に恵まれ、フランスのホテル朝食に、デザートとして出されていたりんごの写真が手に入りましたので、日本のりんごと比較してみました。
 ホテルでは各品種の色とりどりの小形りんごとオレンジが、かごに山盛りされて食堂に出されます。1個をまるまる食べることができるような150〜200gの小さいりんごだけです。

 客は自分で皮を剥いて食べるとか、表面を拭いて丸かじりすることになります。りんごの姿・形はあまりぱっとしませんが完熟しておいしいりんごだけでした。
 りんごをこのように使うのであれば、一人で食べきれないような大きいりんごは使いにくいことになります。しかし、フランスでも、街に出てスーパーを覗きますと、ホテルのりんごより一回り大きいりんごがたくさん売られています。
 立派なホテルでは小さいりんごを使い、大きい果実は各家庭で利用されるのでしょうね。

イギリス輸出サイズの王林


 1991(平成3)年の台風19号は、りんご関係者には忘れられない台風です。樹上のりんごはすべて叩き落され、その年の仕事がなくなってしまったりんご関係者も多かったと思います。弘前市の片山りんご有限会社の片山寿伸氏もそうだったようです。
 「暇ならば、スペインでりんご栽培を指導して欲しい」という依頼があり、1年間、現地に出かけたそうです。それが縁で、現地の農園から、イギリスの商社を紹介されます。イギリスには、日本で普及している王林という品種がありませんので、試しに輸出しましたら、それが気に入られたそうで、1999(平成11)年から、毎年輸出しているとのことです。何が原因で何が起こるかわからないものですね。

 ところで面白いことに、英国輸出サイズ王林は、横径65〜80mmの黄色くないものだそうです。片山寿伸氏から、手紙とりんごのサンプルを頂いたので紹介してみます。
 下の写真で、左端の果実が、英国輸出サイズのもの、中央が、サイズは良いが色が黄色いから輸出できないもの、右は、色も大きさもダメなのです。
 津軽では、直径70mm以下のりんごは、「ピンコ玉」といわれる屑りんごです。屑りんごと言ったって味が悪いわけではありません。おいしいりんごなのですが、店頭に並ぶことはありません。大部分が、1個1円程度で、果汁原料に回されてしまいます。もちろん、生産原価にもならない値段です。私たちの感覚からすれば、下図の、右端のりんごが一番良く売れるような気がしますが、イギリスでは、「これは果汁原料だ」と見向きもされないそうです。驚いたことに、イギリスでは、小形の青りんごが、4個約400円で販売されているそうです。

 北京の趙雋欣氏によると、「王林のように、緑または黄色い品種は、中国では評判が悪い」そうです。ところが黄色や緑のゴールデンデリシャスや、グラニースミスなどは、欧米では好まれます。その国ごとに、りんごの色の好みがあるのでしょうか。イギリスの消費者は、黄色よりも緑が好きなのでしょうか。
 大きさの好みも面白いと思います。一人でまるごと一度に食べられる大きさが好まれるのでしょうか。
 私も、他のお宅でご馳走になるとき、陸奥のように500g もある大きなりんごが出されても、手を出しませんね。150g 程度の王鈴でしたら、手をつけるかもしれません。
 でも家庭で食べるのでしたら、皆でガヤガヤ言いながら分割して好きなだけ食べ、食べ残したら冷蔵庫で保管してまた食べるのも悪くないとは思うのですが。イギリスでは、どんな食べ方をするのでしょう。
 小さなりんごを好むのは、イギリスのほかに、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークのスカンジナビア4国が知られているそうです(片山寿伸氏談)。
 
 それぞれ、好みの違いがあるものですね。色も、大きさも、おそらく食べ方も…。 違いますね。食文化が。

小玉のりんご


 リンゴを栽培すると、いろいろな大きさの果実が収穫されます。しかし、日本ではある程度の大きさの果実が好まれますので、小さいりんごの処分に困っていました。
 2006年2月19日に、三戸郡南部町虎渡のチェリーセンター(農産物直売所)に立ち寄る機会がありました。リンゴをはじめ、いろいろな農産物やその加工品がたくさん並べられていました。その中に下図のようなダンボールの箱に詰められた小玉の「紅玉」が売りに出されているのが目に留まりました。
 「傷などがありますよ」と書いてあるのは1箱500円、そうでないのは1000円で売られていました。試しに「規格外(キズなどあり)」と書かれている500円のリンゴを1箱購入してみました。

 帰宅してから調べましたら、困るような傷はなく、コルクスポットなど生理的汚れが若干あるだけでした。試食してみましたら、非常においしく食べることができました。
 果実の大きさは、重さ110〜140g、直径6〜7cm程度で、購入した箱には49個入っていました。50個入っていれば1個10円ですね。大きさは、フランスのホテルで出されたものと同じであることがわかります。
 食べてみると、この大きさはちょうど食べごろの大きさです。加工用にも適しています。値段も安すぎるほどです。無傷のものでも1個20円ですよ。紅玉以外でもこのような小玉のリンゴを扱ってくれると便利です。
 添付のラベルに生産者の電話番号が書かれていましたので、問い合わせてみましたら、10月中旬に収穫した果実のうち、大きい果実は市場に出し、残りの小形のものを冷蔵庫で保管したものだそうです。

 2006年4月29日に、また南部町に行きましたら、右写真のような小粒のりんごがたくさん販売されていました。上のダンボール箱と同じものです。1箱に50〜40個入りで、値段はりんごの大きさ・色・いたみ具合などで450〜1500円でした。品種は王林ふじジョナゴールドでした。
 単純に計算すると、1個10円から25円の安さです。コンビニの弁当売り場にでも置いたら売れるでしょうね。


 このホームページ をご覧の方々からメールをいただきます。なるほどと感心する意見、外国の事情がよくわかる情報などいろいろですので、ご本人のご了解を得て紹介させて頂きます。参考になりました。

@家庭料理研究家の故カマタスエコ氏が、まだ、お元気な頃のメールです。大変参考になりました。
 「イギリス、フランス、イタリアなど機会をみつけては出かけています。イギリスの事情で言えば、果物を冷蔵庫に入れる習慣があまりありません。それと、日本ではランチを手軽にとれるところが多いのですが、あまりランチ事情がよくないお国柄、お腹がすいたときには、いろんなところで売られているリンゴを1つ買って、きゅきゅっとこすって、囓ります。小さく身が締まったリンゴが好まれるのには、そうした国民性があると思います。
 ある年齢になると、独身でも家を離れて独立します。単身世帯が多いのですから、大きいリンゴも好まれないでしょう。小さくて足りなければ2つ食べれば解決です。半分食べて残すのよりも、ずっとストレスが少ないような気がします。理由はなんであれ、この3つの国では、大きなリンゴよりも小さなリンゴが好まれるのは確かですね。
 こちらは梨の産地です。東京に住んでいた頃には知らなかったのですが、梨もすごく小さなサイズがあるんですね。とても市場には出せないような、女性の握り拳ぐらい。8個ぐらい入って200円ほどでしょうか。これがみずみずしいのです。
何も事情を知らないと、贈られる側は「大きい方がいい」と2Lだの3Lだのの箱を希望しますが、ものすごく高いばかりでなく、あくまでも個人的な感想ですが、極小玉のほうがアタリハズレが少なく、よりみずみずしい気がするのですが。私が買うときには、迷わずに極小玉を選びます。手軽でおいしいのと、食べきりサイズなのと。リンゴはどうなんでしょう?」

 「極小」は「不出来」だの「出来損ない」だの「貧弱」といったマイナスのコンプレックスがあるように思います。そんなこと思っているうちはダメです。あくまでも味勝負。うまいのが一番。それがたまたま小さいだけで、ネット販売なら、いくらでも語れます。一般市場に流通させようとするから安くなってしまうし、価値も見いだせない。
 小さいのはレストラン需要もある、洋菓子需要もある。産地と消費者を結ぶ手だてが少ないだけです。」
 
A ある機会に、私どもの著書「青森県のりんご〜市販の品種とりんごの話題〜」を読まれた、アメリカの大学院でリンゴなどの研究なさっておられる方から、次のようなメールを頂きました。
  「さて、本のP.211からヨーロッパのリンゴの大きさについて書かれていますよね。アメリカもヨーロッパと同じく日本では‘くずリンゴ’とよばれる大きさが主流です。私も初めてアメリカのスーパーでリンゴを見た時にはとても驚きました。アメリカ人の友達に聞いたところ、本に載っていた料理研究家の方と全く同じことを言っていました。 最近、たまにワシントン州産の‘ふじ’は日本のリンゴの大きさで売られている時があります。日本に輸出するために大きなリンゴも生産しているのかな?と私は勝手に解釈をしました。
 ヨーロッパのことが中心に書かれていたので、アメリカもです!とお知らせしたくてメールをしました」


B私どもの著書「青森県のりんご〜市販の品種とりんごの話題〜」を読まれた、埼玉在住の宮本様から次の内容のメールを頂きました。イギリス社会のりんごへの接し方が日本と少し違います。やはり、食文化に違いがありますね。明治初年に初めて見たときの西洋りんごの大きさへの驚きや憧れを日本ではまだ引きずっているのでしょうか。
 日本生まれ、日本育ちですが、イギリスに住んでいた時に毎日のように、小さなりんごを食べていました。りんごは美味しいのはさることながら、身体の余分な塩分などを出してくれる身体にやさしい果物です。
 しかし、日本にいるときは、一人で食べるには大きすぎるし、かじるのもちょっと・・・というので、家族で夕食のあとにたまに食べるくらいでした。
 イギリスでは、1人暮らしであったこともあるのですが、小さく手軽なので、バックに1つ入れておなかがすいたらガブリ。皮ごと食べれるし(日本のも食べれますが)、なにより食べきりサイズなので残さずしかもフレッシュなものを(皮を剥いてタッパーに入れて・・という手間がないので)頂けるので、毎日のように食べていました。
 日本に戻って改めてこちらにないもの、そしてあちらにあるもの、またその逆を考えているうちに、りんごがどうしても食べたくなってしまいました。
 そこで、みなさんに情報を頂き、こちらのHPにたどりつきました。そして「食文化の違い、大きいりんご、小さいりんご」を拝見し、メール差し上げた次第です。写真にのっていたロイヤルガラはまさしく向こうで食べていたお気に入りのりんごの1つで、とても懐かしくさらに食べたくなってしまいました。(笑)
 小さなりんご、栽培や、種類の違い、日本での人気の大きさやシェアの問題など、さまざまなことがあるのでしょうが、小さなりんごがスーパーで普通に買える日がやってくるのをココロ待ちにしています。イギリスでは、小さなりんごが主流で、みんなランチにもって行ったり、バックに1つ入れて電車でパクリとか。コーヒースタンドやキヨスクでも売っています。
 ちょこちょこりんごを食べる習慣が普通になれば、きっとみんなも健康になるし、りんごのシェアも多くなるのではと思っています。
 りんごは苗から作るスイカのようなものではないので、はい苗を輸入して、育てて出荷!というようには行かないと思いますが、小さなりんご活性化大賛成の一人として、ちょっとお話を聞いて頂きたくてメールしてしまいました。埼玉に在住ですが、小さなりんごを求めて、今年は是非日本で、頂きたいと思います。


 〈文献〉  1  青森ひと山脈 エッセイスト片山良子さんC
                          2004年2月7日 朝日新聞
   2  欧州の「適正農業規範」認定 弘前「片山りんご」国内で初のクリア
                                     2004年12月23日 朝日新聞