接ぎ穂を経由して台木を枯らしたり、台木から蔓延する
高接病ウイルス
対策と予防


 圃場に植栽してある樹の枝に別品種の枝を接ぎ木する、いわゆる高接ぎが一般的に行われます。台木がミツバカイドウ国光の樹の枝にふじの小枝を接いで成長させ、「根がミツバカイドウ、太い茎が国光、枝がふじ」という樹も珍しくありません。
 りんごの品種を更新する際に便利なのですが、中には1〜2年以内に高接ぎされた樹が衰弱を起こし、新梢の生育が不良となり、葉が黄ばんできて、着果数が一時的に多くなり、色づきも早くなって、ついに枯死してしまうことがあります。

 これは高接病ウイルスが原因です。接ぎ穂に使った樹が病原ウイルスに犯されていたもので、接ぎ穂を経由して台木にウイルスが入り、台木がウイルスに侵され、皮層部に褐色の壊死斑(ネクロシス)、木質部には細長い溝(ピッティング)を生じ、養水分や同化成分の移行が妨けられ、樹全体が衰弱し枯死してしまうものです。
 病原ウイルスとしては、次の3種類が知られています。

       
Apple chlorotic leafspot virus (ACLSV)
       
Apple stem grooving virus (ASGV)
       
Apple stem pitting virus (ASPV)

 1964(昭和39)年に、イギリス国立物理学研究所長から日本学士院長に贈られたニュートンのリンゴの接ぎ穂には、Apple chlorotic leafspot virus (ACLSV)が含まれていました。初代の記念樹は当時すでに枯死していましたから、贈られた接ぎ穂はイギリスにある二代目から採取したものでしょうから、二代目の記念樹にウイルスが含まれていたのでしょう。
 また前述のようにおいらせ原木の枝を高接ぎされたスターキングデリシャスには、上記3種類のウイルスが潜んでいたようです。
 しかし、いずれの樹も発病せずに元気に生育していたわけです。このように、ウイルスに侵された樹がすべて発病するわけではありません。その樹がどのような種類の台木に接がれているかが大きく影響することが知られていますから、健全そうに見えてもウイルスをもっている樹はたくさんあると考えた方が無難です。
 また、台木の違いによって、感染したり、発病するウイルスに、次のような違いが見られます。
台木がマルバカイドウでは、Apple chlorotic leafspot virus (ACLSV)に侵され、発病しやすい。
台木がミツバカイドウでは、Apple stem grooving virus (ASGV) や Apple stem pitting virus (ASPV)によって枯死しがちである。
台木がリンゴ実生エゾノコリンゴの場合は、感染しても発病しない


 ある樹がウイルスを含むかどうかを調べるには、ウイルスに特に敏感に反応し、ウイルスのある樹に接ぐと枯死してしまう性質のある「リンゴ属の樹」を使用すれば可能になります。
 青森県りんご試験場(現・青森県りんご研究所)に伺いましたら、試験場では、右写真の中国湖北省原産のコホクカイドウMalus hupehensis を使うそうです。
 コホクカイドウはACLSVやASPVに対して敏感に反応し、ウイルスに接触するとすぐ病気になり、葉が変色したり、枯死したりしますので、このような性質を活用して、使う予定の樹(検定樹)にウイルスが含まれているかどうかを調べ、ウイルス が含まれた樹の使用を回避することができます。
 コホクカイドウMalus hupehensis の他に、次のようなリンゴ属の植物が、ウイルス検定の指標植物として使われます。

   Malus transitoria(Batalin)C.K.Schneidトランシトリア) 中国
   Malus sikkinensisi(Wenz.)Koehne
シキネンシス)シッキム、ヒマラヤ
   Malus coronaria var. platycarpa Fialaプラティカルパ) 北アメリカ

 いまでは、この他にいろいろなウイルス検出の技術が開発されているということですが、生産者が自ら実施できるリンゴ高接病の検定法「コホクカイドウによる二重芽接ぎ法」として、青森県試験場その他から紹介されています。その概要を下図に示します。
 図では台木にしたい樹がウイルスに犯されているかどうかを調べる場合の例を示してあります。



 また、次のようにして、ウイルスを含まない株を作ることも可能になりました。
 リンゴの枝が伸びる最適温度は25〜30℃です。しかし生育できるぎりぎりの高温は38℃と思われています。一方、ウイルスは高温下では増殖は抑制されます。30℃以上では不活性化されるということです。
 高湿度で38℃を保った容器内でリンゴを伸長させると、ウイルスは増殖できませんので新しく伸びてきた芽にはウイルスが含まれていない部分ができます。
 昔はそのようにして伸ばした先端部を2cmほど切り取り、ウイルスのない別の苗に割り接ぎしてウイルスを含まない苗を作り出していました。これを熱処理法といいます。


 いまでは熱処理法によって得たウイルスを含まない(ウイルス・フリー)部分の先端部にある、生長点という細胞分裂が盛んな組織を取り出し、組織培養によって、ウイルス・フリーの自根苗を複数生産できるようになりました。

 新品種を育成するとき、交配して生じたただ1本の実生が果実を着けるのに何年もかかりますので、実生がある程度大きくなると、その枝を他の樹に高接して早く実らせ、果実その他の性質を見極め、新品種育成までの年数を短縮しようとします。
 その間、いつウイルスに侵されるかわかりませんので、青森県りんご研究所で新品種を育成し、それを一般に公開・出荷する前に、ウイルスを含まない苗木を作り、そのウイルス・フリーの苗を増殖し、出荷しているそうです。
 培養して1年もたつと鉢植えや接ぎ木ができるくらいの大きさの自根の苗を作ることができるということです。


 〈文献〉  1  原色果樹病害虫百科 2 リンゴ・オウトウ・クルミ 
    農文協編 農産漁村分化協会 発行昭和62年9月25日 第1刷
   2  福島県天香園ホームページ http://www.fukuten.com/
                   
果樹ウイルス病→リンゴ
   3  青森県りんご試験場と青森県グリーンバイオセンターの所員の方から
話を伺い、その一部を引用しました。
   4  コホクカイドウを用いた高接病の検定法の研究成果100選
            (1980年〜200年)  平成13年11月 p130