南部アフリカとは、アフリカ大陸を地理的に5つの地域に分けた場合、南に位置する地域を指す言葉です。5つの地域とは、北部高原及び砂漠地帯、東部高原、南部高原、中央盆地帯、海岸平野の5つです。
 南部高原はゆるやかな丘陵地が続いて、南方の海岸沿いにドラケンスパークの褶曲山脈。モザンピークの南部海岸沿いに平野。ほぼ中央部には南回帰線が通っています。主な河川は3660kmのザンベジ川でその中流にヴィクトリアの滝があります。
 このたびの旅行は、最大の目的がヴィクトリア・フォールズを見ることでした。先ず南アフリカで、ケープタウン周辺の観光、ジンバブエでヴィクトリア・フォールズへ、次いでボツワナのチョベ国立公園で野生動物を見て、ザンビアでヘリコプターによる遊覧飛行(滝を上から見る)。の予定でした。
 4月12日。成田発16時55分キャセイ・パシフィックで香港へ時差1時間。定刻に到着しました。
 香港の通貨は香港ドルで、ドルと名が付いていても米ドルでは買い物ができませんでした。
 23時55分ヨハネスブルグへ向けて離陸..約13時間の飛行の後。再び乗り換えて約2時間後ケープタウン国際空港に着きました。
ケープタウン国際空港
 南アフリカ共和国は、面積121万9090平方キロメートルで、人口は2011年時点で5177万人。首都は行政府のあるプレトリア。立法府はケープタウンで、司法府はブルームフォンテンです。
 住民はアフリカ人(先住民族)80%、白人9%、カラード(混血の人達)9%、その他です。国土の大部分が半乾燥から乾燥気候ですが、南端部は地中海性気候です。
 1652年オランダ東インド会社がケープ植民地をつくり、白人植民者の定住がはじまりました。1814年イギリス領となり、、1834年完全に独立しました。
 ジンバブエ共和国は、面積約39万平方キロメートル。人口1372万人。首都ハラレ。ショナ族75%、ンデベレ族20%、その他です。
 ボツワナ共和国は、面積58万1730平方キロメートル。首都ガボローネ。かつてはブッシュマンと呼ばれたサン族の居住地でしたが、現在は大部分がボツワナ族です。
 ツアーディレクタさんが通貨について説明してくれました。通貨単位はランドで1ランドは100セント。レートは1R=10円。紙幣の種類は、R200がピューマ。R100がバッファロー、R100とR50がライオン、R20がゾウ、R10がサイ。ビッグファイブの動物が描かれており裏はすべてネルソン・マンデラです。


南部アフリカの地図