2006年10月11日。日付変更線を越えて東へ旅するのははじめて。入国審査が厳しいことも忘れ、季節的にも最高とは言えない時期なのに、ヨセミテやグランドキャニオンの雄大な自然に触れることが出来るという期待に胸を弾ませて成田空港を出発しました。
私達を運んでくれたJAL機

 サンフランシスコ空港に着いたときの第一印象は、入国者がとても多いということでした。外国人用の審査窓口は長蛇の列。一番後に並んでしまったので何時になったら順番がまわってくるのか、とても不安になりましたが、審査官の女性がパスポートを見て「Is the first time……?」とにこにこしながら声をかけてくれたのでホットしたのを覚えています。
 お陰さまで旅行中の8日間とても楽しく過ごすことができたと思っています。

 アメリカ合衆国(United States of America) は世界4位の面積を持つ大国で本国48州とハワイ、アラスカを加えた50州の連邦共和国です。独立宣言を行ったのは1776年7月4日。人類のるつぼといわれるほど多くの人種が住んでいますが、中心となっているのはイギリス人です。しかし伝統を重んじる保守的なイギリス人と異なり、積極的、楽天的、進歩的でいわゆる「フロンティア・スピリット」をもっています。
 白人の入植者が来る以前から住んでいた先住民アメリカ・インディアンは保留地に閉じ込められてしまい人口はほんの僅かです。

 さて、今回のツアーは国立公園めぐりというタイトルでしたので、国立公園について調べてみました。その結果世界で最も早く国立公園制度がもうけられたのはアメリカで、産業革命や近代都市の成長に伴って自然環境が破壊されることから自然保護思想が高まったこと。また人々の自然への欲求もあったので、各国で国立公園が制度化され、景勝地や史跡の保護に力を入れるようになったことがわかりました。
 そして、アメリカで最初に国立公園に指定されたのはイェローストーン(1872)(私達のツアーのプログラムには残念ですが入っていませんでした)で調査隊員のコーネリアス・ヘッジスが「この土地はすべての人々の所有とすべきである」と提言したことによるのだそうです。
 アメリカの公園は公園区域の大部分が国有地なので自然保護は勿論、その利用も最もよく整っています。例えば、公園の出入り口には通過しなければならないゲートがあって厳しくチェックされること、公園の特徴が理解できるような展示室、視聴覚室、売店などのあるビジターセンターが設置されていることなどです。


この度のツアーで訪れたのは下記の6箇所です

ヨセミテ国立公園 ザイオン国立公園 ブライスキャニオン国立公園
レイクパウエル モニュメントバレー 世界遺産グランドキャニオン


         下の地図上の赤丸もクリックできます