&



 2003年。秋風が立つと、またどこか知らない国に行ってみたいなと言う気持ちが頭をもたげ、とうとう我慢ができなくなってしまいました。思いきって姉に声を掛けてみると、「アンコール・ワットなら私も行ってみたい」との返事。姉の体力を考えると長期間の若い人と一緒のツアーはちょっと無理。かといって英会話が達者でない私ども二人では、個人旅行をするほどの度胸もありません。迷った末、旅行のパンフレットから、バンコク経由4泊(機中泊1)5日、最小催行人員2名:現地係員案内というスリム・ツアーをみつけて申し込み、平成15年11月10日。18時45分成田発のJL707便で出かけました。SARSの流行で空席がたくさんあった春とは異なり飛行機は超満員状態でした。(アンコール・ワット観光は日本からカンボジアへの直行便がないので、バンコク経由かホーチミン経由かどちらかでシェムリアップへ行くことになります)
 5時間の飛行時間後、23時45分バンコク空港着。心配性の姉に付き合って往復とも空港でのチェックインが一番先だったので手荷物受け取りのターンテーブルで荷物が出てきたのが一番最後。もしかして荷物が行方不明に?と思われるほど遅かったのです。これも経験の一つとなりました。
 時差は2時間ですから、日本の23時はバンコクでは21時です。着いたのは真夜中なのに全然眠くありませんでした。
 空港には日本語のできる現地の女性ガイドさんが出迎えてくれました。彼女の話によるとバンコクの気温は低いときでも25℃、北部のチェンマイで16℃です。空港からマンダリン・ホテルまでは車で30分、ラッシュ時には40分かかるとのことでした。チップはホテルのボーイさんが荷物を運んでくれたら20バーツまたは1ドル上げて下さいと言われました。
 翌朝7時半。ケースをフロントに預け一泊分の荷物を持って8時20分空港へ。そして11時発シェムリアップ往きの 飛行機でカンボジアに向かいました。
 途中。タイ国内最大の鉄道駅ホアラボーンの前と、94階建ての高層ビル、バイヨークタワーのそばを通りました。

ホアランボーン駅 高速道路とバイヨークタワー バンコク国際空港

シェムリアップ 遺跡を訪ねて バンコク アユタヤへ