オーストラリアの代表的な花(国花)は金色に輝く「ゴールデンワトル」です。と添乗員さんに教えられて撮ったのが左上の写真です。目の覚めるような輝きにすっかり魅せられて、オーストラリアに来て良かったと感慨ひとしおでした。
 今回の旅行は、友人からオーストラリア大陸のほぼ真ん中に「エアーズロック」別名「地球のヘソ」とも言われる世界遺産に登録された一枚の大きな岩があるという話を聞き、昨年秋にギリシアで見た地球のヘソと呼ばれていたもと較べてみたいというのが目的の一つでした。出発日は秋が深まらないうちにと思い4月1日の『パース〜エアーズロック〜シドニー〜メルボルン9日間』のツアーに決め出立しました。
 オーストラリア大陸はとても広く面積は日本の21倍(768万2300ku)もあります。しかし人口は6分の1(約2000万人)と少なく、最も多いシドニーが約400万人、次に多いメルボルンが337万人、首都キャンベラは僅か約31万人です。人口の少ないキャンベラが首都になった理由は、オーストラリアは連邦国家のため、州の独立性が強く、以前首都だったメルボルンとシドニーとで首都争いが起こりその結果。位置的に中間にあたるキャンベラが選ばれたというわけです。
 国名はラテン語のTerra Australis incognita (南の未知の大陸)に由来。17世紀はじめヨーロッパ人により発見されました。1770年にはキャプテンクック一行が現在のシドニー郊外に上陸して東海岸沿いに北上し、18世紀末からはヨーロッパ人が移住しはじめて、白人によるオーストラリア支配が始まりました。19世紀までは現在の6州がそれぞれ自治植民地でしたが、1901年正式に連邦を樹立イギリスの自治国となりました。
 地形的には東部山地、中部低地、西部高原の三つの地域に大別されます。今回の旅行は、西オーストラリア州のパース。ノーザンテリトリーのエアーズロック。ニューサウスウェールズ州のシドニー。ビクトリア州のメルボルンに宿泊。飛行機による移動で大陸を横断。2箇所の世界遺産を観光しました。
 出発に先立ち電話連絡があり、気温は日中は暑いが夜間は冷えること、エアーズロックに登るときの履物についての注意。メルボルンのペンギンパレード見学には防寒具、手袋、マフラー、ズボンを用意するようになど懇切丁寧な指示があり助かりました。
 成田を飛び立ったのは、20時40分。所要時間は約10時間15分。翌日まだ薄暗いパース国際空港に着陸しました。




最初に訪れたのはパースですが
どうぞ、地図上の赤点で示されたお好きな場所をクリックしてください。


1.パース&ピナクルズ
2.エアーズロック
3.シドニー
4.メルボルン

 オーストラリアに就航している航空会社の名前はカンタス航空。どのような意味があるのかと思い添乗員さんに伺いました。
Queensland and Northern Territory Aerial Services の頭文字を繋いだ言葉ですからカンタスではなくクヮンタスと発音した方がよいそうです。