1993年7月21日。市民バンク・エコ研究室のスタッフで、ツアー事務局の増山さん以下10名のメンバーは、16時30分にアエロフロート機で新潟空港を飛び発ち、4時間半後の21時にイルクーツク空港に着きました。 イルクーツクと日本との時差は2時間だそうですが、7月は夏時間のため時計が2時間進められていたので日本時間がそのまま通用しました。
 このツアーはイルクーツク市民との手作りとのことでしたので、空港にはロシアの環境保護団体「バイカル環境の波」の方たちが大勢おいでになっていて、バラの花を下さるなど心温まる歓迎を受けました。
 また、ツアーの期間中は大阪外国語大学ロシア語科の方と、イルクーツク大学留学生のお二人が通訳として参加し私たちのお世話をしてくださいました。


アエロフロート機(新潟空港で撮影)


 新潟〜イルクーツク間の飛行機の就航は一週間に一便です。
以下は一週間後、日本に帰るまでに体験した事柄を日を追って記録したものです。

   22日 市内見学と「バイカル環境の波」との交流会
23日・24日 リストビアンカから船でペスチャナヤ湾へ(湖上遊覧)
   25日 カディナヤ湾寄港(野草の観察)そしてボリショイ・カティへ
26日 博物館見学とタイガ(原生林)へのハイキング
27日 イルクーツクに戻り、夜のお別れパーティ

なお、このサイトを作るに際しましてはご同行の方から植物の写真をご提供いただきました。