バルト3国とは、バルト海の東沿岸に面した三つの小さな国で、それぞれ近隣の列強の支配を受け、近代まで異なった歴史をたどってきました。北からエストニア、ラトビア、リトアニアの三つの国です。
 18世紀に入ると、3国ともロシアに併合され、ロシア革命後の1918年に一旦独立を宣言。共和国となって1934年バルト三国同盟を結びましたが、1940年にはソビエト連邦に編入され、1941年以降はナチス・ドイツに占領され、1944年再びソビエト連邦に支配されるなど複雑な歴史をたどってきました。
 1980年後半、独立の要求が高まり、1990年独立を宣言。2004年3月29日、大西洋条約機構(NATO)に加盟。同年5月1日にヨーロッパ連合(EU)に加盟しました。

 成田からバルト3国への直行便はありません。今回の旅行はフィンランド航空を利用。成田発11時、約10時間半程のフライトで15時30分ヘルシンキ着。ここで1時間20分待ち合わせの後、1時間少々のフライトで夕方にリトアニアのヴィリニュス空港に着きました。
 日本との時差は7時間とのことでしたが夏時間のため6時間。時計を18時12分に合わせました。

 
 フィンランド空港
 
 今回の旅行は南から北上するように旅程が組まれていました。三国ともシェンゲン協定に調印しているので、国境は日本の県境のような感じで通行が自由です。

バルト三国の地図