私は、つい最近まで西側の国はすべてひとまとめにして西洋(ヨーロッパ)と呼んでいました。中欧と聞いたとき、どんな国々を指すのだろうと思い調べてみますと、実にさまざまで、ドイツ、オーストリア、リヒテンシュタイン、スロベニア、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、スイスの9カ国をあげているもの、今まで聞いたことのない名前を含む14カ国をあげているものなど、区分の仕方がさまざまで、またまたわからなくなってしまいました。
 古い世界地図を広げてみると現在中欧と呼ばれている場所に、ソビエト連邦の名がありました。1991年の連邦解体によって、構成していた国々が独立し、その一部(ウクライナ、ベラルーシ、モルドバなど)は東欧にその他は中欧と呼ばれるようになったのでしょうか?夫々の国に複雑な歴史があることがわかりました。
 4カ国を9日で回るツアーのため、首都や有名な場所だけの観光であわただしいものでした。添乗員さんによると、最近は一カ国の中をあちこち旅するものに人気があるようになったと言っておられましたが、1回の旅行で何カ国も一度に回るのは忙しいばかりでなく、記憶が交錯して印象が薄くなっていくように感じました。

各国の国旗(各ページにリンクしています)

ハンガリー スロバキア オーストリア チェコ


中欧4カ国の地図