中国三都市の旅




 1998年10月4日。友人に誘われて、二人で中国を旅行したときの思い出です。出発時刻が夜だったせいか成田空港のロビーは何時にもまして外国人が多く、まだ日本国内にいるのに外国にいるかのように錯覚し、すっかり緊張してしまったのを覚えています。
 北京までは約3時間半。時差は1時間。北京空港に着いたとき日本との気温の差は殆ど感じられず、夜気はさわやかで、青森より過ごしやすいのではないかと思いました。
 中国についの知識は、首都北京市を含む黄河流域の華北地方が世界4大文明発祥の地であること。万里の長城が世界遺産に登録されていること。くらいで、海を隔てた広大な隣の国中国は私にとって未知の遠い国でした。
 中国語は「ニーハオ」(こんにちは)「シエシエ」(ありがとう)のニ語と1〜10までの数詞だけ、友人から教えて貰った要らないと断る時の「プヨウ」、ごめんなさいは「トイプチー」、トイレを尋ねるときは「ツーソアツァイナリー」などの言葉がとても役に立ちました。旅行中には肩が触れたので「トイプチー」と言ったら相手が「御免なさい」と日本語で謝ったとか、ちょっと笑い話的な体験もあり、大勢日本から観光に行っているのだなということを知り驚きました。
 中国は漢字の国だから表示は読めるだろうし、漢字を書けば相手も分かってくれるだろうと単純に考えていたのは間違いだったことはすぐにわかりました。あちこちの看板には見たことのない漢字?が並んでいます。これは簡体字(略字)というのだそうで、昔の漢字はあまり使われていませんでした。けれども、道に迷ったとき出合った警察官?は私たちの片言の英語を理解して、漢字で書いて説明してくれました。その文字は教養の高さを示すかのようにすばらしい筆跡で態度もとても友好的でした。
 北京では、当時北京に住んでおられた友人の姪御さんにあたる方とそのご主人にお家に泊めて頂いたり、観光地に案内して頂いたり、空港への送り迎え等、何かと筆舌に尽くせないほどお世話になりました。また、友人のお知り合いの女性の方には瑠璃廠と雍和宮へ連れて行っていただきました。
 北京、西安、上海
の順に9泊10日の旅で中国の人達は国土と同様心も広く、立派な人が多いことを知りました。なにはともあれ、たくさんの心に残る思い出、良い旅行だったと友人には今も感謝しています。


 
下の都市名をクリックしてください。

1.北京 故宮博物館、天壇公園、万里の長城、明の十三陵、瑠璃廠と雍和宮
2.西安 兵馬俑博物館、華清宮、半坡遺跡、西安市街
3.上海 黄浦公園、豫園、玉仏寺その他