2011年7月6日。中国への旅は今回で4度目。本当に広い国だな!と感じます。九塞溝へ行くには、今年6月20日から全日空による東京〜成都間の直行便ができたそうですが、参加したツアーは、往路は北京経由。復路は上海経由。乗り継ぎ空港では出発が遅れて搭乗口が変更になるのは日常茶飯事とのことで、アナウンスは理解できずぼんやりしていると、取り残されてしまうのでは?という経験をしました。
 「九寨溝国家級風景名勝区」」は中国の西南エリアの四川省にあります。州都は成都です。漢字で書いてあるとつい日本語の読み方をして「せいと」と発音してしまいますが、中国語ではなんと言えばいいのかガイドさんに尋ねたところ、成都は「チェン ドゥ」。九寨溝は[ジュウ ザイ ゴウ」。黄龍は「ホワン ロン」と教えて下さいました。寨は村、溝は谷という意味です。
 成都は三国志ゆかりの地。成都市内のガイドさんも観光地のガイドさんも共に苗字は「劉さん」。劉備玄徳の末裔なのでしょうか?お二人とも漢民族でした。
 1982年。成都と甲府市、京都市が姉妹都市となったこと、自動車のナンバープレートの表記は日本人の好きな芙蓉の花の「蓉」とのこと等、とても親しみを感じました。ただ、パンダのいる動物園に寄る時間と市内観光の時間がなかったのは少し残念でした。
 7日朝。9時にホテルを出発し途中は高速道路の下の道?を通って成都空港へ向かいました。九寨溝空港へは約1時間のフライトで、途中には高い山が連なっていました。ガイドさんの話によると空港のなかった時代はバスで11時間、丸一日の行程だったこと。この一週間は数十年ぶりの暴風雨で四川大地震の影響もあり、あちこちで土砂崩れが発生していて、車での通行は大変だったそうです。しかし、これから行く九寨溝は震源地から300km離れているから大丈夫だということでした。
成都のホームランドホテル正面 空港までの道路[バスの中から撮影)
 九寨溝までは中国各地から直行便が出ていて、成都からは一日20便以上。他に北京、重慶、上海、広州、昆明などです。中国国際航空の飛行機の尾翼には鳳凰をデザインした赤い鳥のマークがついていました。 空港のロビーには天井から赤い提灯が下げられ、大勢の人で賑わっていてまるでお祭り気分でした。
中国国際航空の旅客機 九寨溝空港のロビー

 空港のある場所の標高は3,500m今夜泊まるホテルは2,300m四川省は6,000mの山々に囲まれています。「あの山は何というのですか」とよく聞かれますが。a山(みんざん)山脈のなかの最高5,586mの雪宝頂以外は名前がありません。運が良ければ黄龍で最高峰を見ることができるでしょうとガイドさんが話していましたが、残念ながら雨のため見ることができませんでした。
 空港から九寨溝まではバスで約2時間。中間地点に川主寺(センシュジ)というところがあり(四川省の主の意味、ここにお寺を作ったのでこの名がついた)チベット族に関する話を聞きました。
 この付近の住居の80%以上がチベット族の住まいでここに九つの村があったことから九寨溝の名がつきました。山の上に立っている旗はタルチョと呼ばれチベット仏教「ラマ教」の経文が書かれています。風によってはためくことにより人に代わって経文を読んでいるということです。旗の色は黄、赤、緑、白、青の五色です。
 ラサにあるボタラ宮はあこがれの場所で一生に一度は行かなければならない聖地です。五体倒地の巡礼で2年以上かかります。途中で亡くなると天国を見ることができるおめでたいことだと言われています。
 山のところどころに鳥葬台がありました。身分の高い人のお葬式でヤクの乳をかけて燃やすとその臭いで鳥が集まり、残った遺骸を仏塔に納めます。鳥葬台には一般の人は入ることができません。
 また、一生に3回体を洗います。生まれたときは雪解け水で洗い、この時死ねば魚の餌に、生き残れば強い子と言うことになります。

ラマ教の寺院 葬儀を行う場所
チベット族の店 レストラン
  チベット族のお店がありました。60〜70%が個人経営で、少数民族のため税金が安く、九寨溝が世界遺産に登録されてから道路やホテル、お店ができたそうです。しかし、四川の大地震以来お客が減ってチベット人経営のホテルには人の姿がありませんでした。更に奥の方にも2〜3階建で、屋上に白い石が載ったホテルがありました。これはチャン族が2004年に建てたもので白はチャン族の守り神。ここも地震の影響で休業中とのことでした。
 また、この付近は標高が高いので野菜はあまり穫れず、成都から運んでくるそうです。主食はハダカムギでせんべいを作り、キャベツ、ジャガイモ、ソラマメ、ヤクの肉などを食べて生活しています。


九寨溝
 九寨溝は1992年ユネスコの世界遺産に登録されました。


九寨溝での行程順路@からOまで。
 以下の説明も、概略、この順序です。

 九寨溝には大小さまざまの100以上もの湖がありますが代表的なものを歩いて観光しました。チベット族は湖はすべて海子(カルコ)と呼んでいて一つ一つには名前がありません。湖には中国語と英語、稀に日本語の説明文がありました。中国語は簡体文字で書かれているので殆ど理解できませんでした。
川主寺の道路標識 九寨溝への道
ユネスコ世界遺産とその他の表示
九寨溝の様々な標識

九寨溝はY字状です。まず合流点の下。樹正溝を散策、
最初に目についたのは水力で回るマニ車でした。

ラマ教の転経機マニ車 犀牛海の表示
犀牛海
 九寨溝で2番目に大きな湖です。名前の由来について次のような伝説があるそうです。昔あるお坊さんが1頭の犀を連れてここに来ました。あまりにも景色が美しいので犀のことを忘れてしまいました。犀は湖の中に入って溺れて死んでしまいました。チベット族の人たちによると、朝早く耳」を澄ませると犀の鳴き声が聞こえるということです。
 
犀牛海の下流は老虎海です。

 秋になると、色づいた木々が水面に映るさまが縞模様で、まるで虎の毛皮のようにみえることから名付けられたそうです。よく見ると水中を20p〜30p位の魚が泳いでいました。九寨溝にはたくさんの湖がありますが魚は、老虎海と五花海と熊猫海にしかいないようでした。
老虎海の表示 犀牛海から流れ落ちる水
老虎海と泳ぐ魚の群

  老虎海の向かい側にチベット族の村がありました。九寨溝で二番目に大きな村だそうで、白い仏塔とマニ車がたくさん立ち並んでいました。希望者は信者でなくてもマニ車を回してもよいそうで左手で時計と反対回りに動かして下さいとのことでした。
立ち並ぶ仏塔 チベット族の村

 九寨溝には大小さまざまの滝があります。老虎海から浅瀬となって流れ落ちる滝の水は樹林によっていくつもの小さな湖に分けられ、樹正群海と呼ばれる美しい風景を形作っています。
樹正群海の説明板 樹正瀑布
樹正群海

 樹正群海に続く湖には、湖底に沈んだ樹木に石灰の細かな粒子が付着して、龍が横たわっているように見えることから臥龍海と名づけられました。 
臥龍海

 火花海は、標高2187m。長さは205m。平均幅が177.33m。深さ9.66m。土砂崩れでできた湖です。日光の反射で火花が散ったようにみえることからこの名がつきました。
火花海の説明版 火花海

 火花海の下流。標高2167m。深さ0.8m土砂くずれで形造られた景色。流の中の所々に柳、柏、などの木や草が生えていてまるで盆栽のようです。
盆景灘の表示 盆景灘

 1日目の観光はここまで。

 翌8日。バスを利用して奥地まで行きました。まずY字の合流点にある諾日朗だくにちろう または にょにろ瀑布。この滝は幅が300m、落差25m。九寨溝で一番大きな滝です。また、幅では中国一といわれています。
観光バスの列 諾日朗瀑布の側の標識
諾日朗瀑布
 Y字の右側、日則溝へ進みました。今まで湖の美しい景色はバスの左窓から眺められましたが、ここで橋を渡ると右にかわります。そのためこの橋を「平等橋」と言うのだそうです。

 次に下車して撮影したのは三番目に大きい鏡海です。湖に映る景色が一番美しく湖面が鏡のように静かな湖です。
鏡海の表示 鏡海

 九寨溝の奥には手付かずの自然が残されています。ここの標高は3400mほど。鬱蒼とした森林は冷杉かとおもわれます。林の中を歩いているときガイドさんが、「これがパンダの餌の箭竹(ゼンチク)です。竹は60年に一度花が咲き枯れるので、(1980年に咲いた)現在餌が不足して困っています」と話てくれました。
原始森林の表示 素晴らしい眺め
鬱蒼とした原始森林 箭竹

 パンダ海は、日則溝の中央位の標高2584mのところにある湖で、昔この付近にパンダがいました。冬に水が少なくなると白黒斑のパンダの毛皮に似た模様の岩石が二つ見えるのだそうです。
 民族衣装を着た若い女性が大勢いて観光客の求めに応じてポーズをとったりしているのも楽しい風景でした。
熊猫海

  熊猫海から木造の階段を下りると右手に滝があり、熊猫海瀑布と呼ばれています。流れに沿って少し歩くと、九寨溝のメイン、最も美しい「五花海」別名「孔雀海」と呼ばれる湖が見えてきます。この湖は中国では唯一世界美湖の一つとなっています。湖の標高は2471m。深さは5mで銅やマグネシウムを含む石灰物質が沈殿し、様々な藻類が生えることによって鮮やかな色彩が生み出されているのだと言われています。
熊猫瀑布 五花海の説明板
五花海(孔雀海)

  「珍珠。日本なら真珠です」とはガイドさんの言。五花海の下流、標高2433m。森の中を流れてきた水が幅310mの浅瀬全体に広がり、まるで真珠の玉が転がるように細かい泡粒となって流れ落ちて行きます。
 日光にたくさんの水玉がきらめき流れると、一瞬息を飲むような美しさが広がります。九寨溝で最も迫力のある滝と言われるのも納得できます。
珍珠灘瀑布

 Y字の左。則査窪溝(そくさわこう)を18kmほど進むと一番奥、標高3103mの地点に九寨溝最大の長海があります。名前の通り長約7.5km、幅約200mの細長い湖です。深さは88mあります。
 岸から巻貝や珊瑚の化石がみつかることから、何億年か前には温かく浅い海底だったと推測されています。
長海の表示板 長海

 長海の下流、約1kmのところにあるのがただ一つ海でなく「池」と名付けられた小さな美しい五彩池です。高い処から眺めると透き通った青色は九寨溝で最も美しいと言われています。
五彩池の表示 五彩池

 引き返す途中、車窓から水が少なくなっている湖がみえました。季節によって水があったり、無かったりするので季節の海と呼ばれ、10月に水量が最大となるそうです。
季節の海(一) 季節の海(二)

 Y字の合流地点のそばにある村落で村長さんの家に寄りました。ここで仏塔の周りを八文字の呪文?「ホン、マ、ズ、メ、ギ、サ、ラ、ドウ」と唱えながら3回まわり旅の無事と、世界の平和を祈りました。
 そして赤茶というハダカムギとヤクのバターで作った飲み物をご馳走になりました。
お祈りをした仏塔 各家に仏塔がありました

 更に戻って老虎海まで下りたところで下車。湖に架かっている木造の橋を渡り、裏側を散策し、表とはまた違った風情を味わうことができました。
裏側の木道 チベット族の村落が山麓にみえます

磨房の表示 細かな段差の流
双竜海 道しるべ
 本道に戻るため木の橋を渡っていた時、ガイドさんが「小さな滝の落ち口を太陽に透かしてみてご覧」と言ったのでみんなで順番に見ました。とても美しいブルーでした。(特定の場所だけのようです)
 水深が3mより浅い湖には葦が生えていました。結構有名な湖らしいのですが、歩いての観光コースには入っていませんでした。幸い車窓から写真をとることができました。

水の流落ちる所 芦葦海

 九寨溝の観光は終わりです。ホテルのレストランにパンで作ったユーモラスな龍の置物が飾ってありました。今日はこれで終わります。
新九寨賓館 パンで作った龍
 
明日は黄龍へ向かいます。