エジプトの歴史はB.C.5000年頃、ナイル河流域に「新石器時代」が始まった時からといわれています。
 その当時のエジプトは、ナイル河の上流の上エジプトと、下流の下エジプトの二つの国に分かれていました。それを統一したのは、メネス王(B.C.3000年頃)で、この時代は「初期王朝時代」と呼ばれています。
 B.C.2650年「古王国時代」に、ジェセル王は首都をメンフィスに定めました。メンフィスの南北には、ナイル河の西岸約50kmにわたって80ほどのピラミッドが建設されたと云われていますが、崩壊したものが多く、ギザにある有名な3つのピラミッドより前に建設されたサッカーラの階段ピラミッド、ダハシュールの屈折ピラミッド、赤のピラミッドなど、僅かのものが昔の形をとどめているにすぎません。
 ギザには、クフ王とその子、孫の3代による三大ピラミッドが建てられ、この「古王国時代」は、エジプト文明が頂点に達したと云ってよいほどの発展を遂げました。
 B.C.2180年頃は国土が乱れ、B.C.2040年、メンチェヘテブ2世により再統一が行われて「中王国時代」となりましたが、B.C.1786年、またもや王権が弱体化。アジアからヒクソスと呼ばれる人々が侵入しました。これを追放したのはアメンヘテブ1世で、B.C.1567年、テーベルクソール)を首都としたファラオによる「新王国時代」となりました。トトメス1世により王家の墓が造られ、ラムセス2世により、たくさんの神殿が建設されました。
 B.C.1085年の「末期王朝時代」になると、エジプトは、アッシリアやペルシャに支配されたり、アレキサンダー大王の遠征もあって、B.C.304年より、「プトレマイオス朝」へ、そしてB.C.30年以降、ローマに支配され、歴史はA.D.へ「イスラム王朝時代」へと移っていきました。

 最初にエジプトを訪れたのは2009年のことです。しかし、このときにはカイロ周辺だけの観光だったので、2010年に、再びエジプト旅行のナイル河クルーズに参加しました。
 最初のガイドさんは、カイロ大学日本語文学科の学生で、エジプトについて、次のようないろいろな話をしてくれました。
「休日は普段金曜日だけですが、キリスト教のイースターの日曜日にはイスラム教の人もみんな休む」
「名物料理はターメイヤというソラマメと野菜で作ったコロッケ風のものである」
「ラマダンの時には‘ナツメヤシ’(体に一番良い)を食べる」
「喫茶店は‘ミズタバコ’を吸うための場所で、利用できるのは男性だけ」
「義務教育は90%の人が受けているが、私立の大学はお金が高いので裕福な人しか入れない」
「新しい法律によって、結婚は、田舎の女性が13〜14歳。町では16歳。男性が17〜18歳でしてよいことになった。30〜40歳でお祖母さん。女性は30歳、男性は35歳で未婚だと変な眼でみられ、なかなか相手がみつからなくなる」
「給料は月に平均250ポンド。アパート代は4251ポンドだ(家賃が高いのに驚きました。)」
「エジプト人は花、鳥、魚、木などに興味がなく名前を知らない」などということを伺いました。

エジプト地図

カイロとその周辺 ナイル河クルーズ ルクソール アレキサンドリア

赤い丸をクリックしても目的地へ行けます