湖水地方には優雅なコブハクチョウがたくさんいました


 これは1995年10月8日〜10月15日までのツアーの思い出です。
 春。ドイツに旅行したとき知り合った方から、「田園風景に出会う英国周遊8日間」
     ◎文学や絵画に描かれた美しい英国を巡るバスの旅。
     ◎憧れのウェッジウッドの製作風景に加えショッピングも楽しみ。
という内容のツアーがあるので一緒に行きませんかと誘われました。
 英国といえばワーズワスの「詩」に代表される美しい湖水地方、エミリー・ブロンテの小説「嵐が丘」に表現されているヒースの咲く荒涼とした丘。空想が頭の中を駆け巡り即座にOKして出かけたのはつい先日のような気がしますのに、もう10年も経ってしまっていました。

 この旅行で感じことは、「イギリス」についての知識が全くなかったということでした。イギリスは一つの国とばかり思っていましたが、この呼び方はスコットランドやウェールズ、北アイルランドの人たちに対して失礼で「連合王国(United Kingdom)」というのが正式な名称であること。地域別に大きさを見るとイングランドが最も広く国土の約半分を占め、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの順であること。高い山はなく山には殆ど木が生えていないので丘のような感じであること。「一日のうちに四季がある」と言われているように太陽が照っていると思うとサーッと雨が降ったり、すぐに晴れたりとお天気の変わりやすいことなど、実際にイギリスに行って驚くことばかりだったのを覚えています。


コペンハーゲン
のマーク
 成田空港を飛び立った飛行機は約3時間半でデンマークのコペンハーゲンに着き、ロンドン行きに乗り継ぐまで1時間の自由行動がありました。空港の売店にはさまざまの美しいアクセサリーが飾ってありましたので眺めるだけでも豊かな気持ちになりました。
ペンダント コペンハーゲン空港内

 コペンハーゲンから約2時間で英国着。ヒースロー空港での入国審査のとき旅行の目的を聞かれますから「sight-seeing」(観光)と答えて下さいね。と添乗員の那須さんに教えられ自分の番が来るまでうまく英語でしゃべれるかな?と、しばし緊張でした。
 それから両替。日本では円という単位一つなのに英国ではポンド「£」の下にペンスという単位があり、それが単数の場合はペニー、複数でペンス。形も20ペンスと50ペンスは7角形で他の貨幣は円形でした。バスでホテルに向かうとき、前の4席には座らないようにという注意があり、どなたか特別のお客様でも乗るのかな?と思っていましたら、英国では事故にあった場合、前の4席には保険がきかないし、車優先なので歩行者の交通事故には補償がないという決まりになっているそうです。車は日本と同じで右側ハン
ドル左側通行でした。
 また水を買うときは「スティル ミネラル ウォーター」か「ノン ガス」と云わないと「炭酸水」になること。ホテルでの枕銭は2人で1ポンドくらいが目安で、1〜2ペンスは失礼に当たるので上げてはいけないこと。電話は部屋からかけると4倍位高くなるのでロビーでかけた方が良い。スモールチェンジをする場合銀行では無料だが町の両替所では手数料を取られるから気をつけるように。レストランでのチップは領収書に「料金に含まれていない」と書かれていたら1〜1.5割程度上げるように。など細かな注意も受けました。
 英国は夏時間だったので日本との時差は8時間でした。いよいよ明朝から大型長距離バス「コーチ」に乗って走行距離1,650kmのツアーが始まります。私たちはまずケンジントン・ヒルトンホテルで最初の一夜を過ごしました。


    訪問地は下記の通りです
10月9日 ケンブリッジとヨーク Cambridge & York
10月10日 エディンバラ Edinburgh
10月11日 湖水地方とリヴァプール Lake District & Liverpool
10月12日 チェスターとストラッドフォード アポン エイボン Chester & Stratford upon Avon
10月13日 ロンドン London