フランスと聞けば、まず頭に浮かぶのはヴェルレーヌの詩『落ち葉』です。
私たち日本人は日の出が好きですが、フランス人は日没を。そして季節は春よりも秋を好むそうです。空港からホテルまでアシスタントとして案内してくださった方の話を引用させていただくと「秋は、木の葉が色づいてカラフルになり、今まで葉陰にかくれて見えなかった建物や風景が黒い幹や枝、まばらになった葉の間などから透けて見えてきて、とても美しい。パリは今が一番いい季節です」確かにロマンティックな風景でした。このとき、夕暮れにセーヌ川の畔をフランス人の気持ちになってそぞろ歩いてみたいとの想いがふと脳裏をよぎりました。



                                    (上田 敏訳)

 訪れる旅行客が世界一多いと言われるフランスですが、トラブルも多いらしく、なぜ?と疑問を持つとパリでは一日も暮らしていかれませんとか、ルーム備え付けの金庫はきちんと作動するかどうか確かめてから貴重品を入れるように、故障してもそのまま置いてあることが多いので入れてから扉が開かないということがあるかもしれません。万事がアバウトであること。置き引きやスリに気をつけるようになど注意を受けました。また31日の夜はサマータイムが終わる日なので時計を1時間戻すようにとのことでした。(日本との時差は夏時間で7時間、冬時間で8時間になります)


この度の旅行で訪れた場所は下の通りです。
T 10月28日 シャルトル〜ロワール〜トゥール
U 10月29日 モン・サン・ミッシェル〜サン・マロ
V 10月30日 オンフルール〜ジベルニー
W 10月31日 パリ市内観光
X 11月 1日 パリ市内<オプショナルツアー>