1995年7月の製造物責任法(PL法)施行に先立ち、消費生活アドバイザーとしてこの法律にどのように対処したらよいかを勉強するためドイツへ見学に行きませんかという誘いを受けました。
出発は3月29日。見学はブリュッセル、ミュンヘン、ベルリン、フランクフルトの政府の機関や消費者センターなど。メンバーは4人。通訳は現地に在住している日本人というスケジュール。
出発当日。成田空港第1旅客ターミナルビル、南ウィングCの前で待ち合わせました。

成田空港第1ビルのロビー
(1995)

飛行機は日本海上空を出るとロシアに入り、アムール川、レナ川、ウラル山脈を越えてヨーロッパへと飛びました。ブリュッセルに行くためヘルシンキ空港で乗り換えたのですが、ヘルシンキは時折雪の舞う寒さで離陸までに大分予定時間がオーバーしていました。
成田からの便には日本人が大勢乗っていましたので何となく心強かったのですが、ここからは日本人は私たち4人だけ、離陸時間の遅れと、肌色や言語の違う人々の中に入ったことでとても不安でした。


訪問地は下記の通りです。
ブリュッセル
(ベルギー)
アウゲン
ミュンヘン
ベルリン
フランクフルト


話し合いの内容については当時とだいぶ異なると思いますので、
細かな内容は割愛しました。ご了承下さい。