ギ リ シ ア GREECE


 イタリア旅行のツアーに参加して訪れたポンペイで、アポロとジュピターが祀られていたという神殿跡を見たとき、ギリシア神話と関係のある神々がなぜここに?それならギリシアの神殿跡はどうなっているのだろう?という疑問が頭を去らず、次は是非ギリシャに行ってみようと思いました。(ものの本によると古代ローマの神話はギリシア神話に圧倒されてギリシャ神の性格をもったため、もとの形では現存していないそうです)念願叶って出発したのは、青森に冬が訪れる間近の11月2日でした。
 ギリシアの正式国名?はヘラス(Hellas)またはエラス(Ellas)。日本語でギリシアと言うのはローマ人がグラエシアと呼んだことに由来しているのだそうです。
 ギリシアはヨーロッパの南東、バルカン半島南端に位置しています。東はエーゲ海、西はイオニア海、南は地中海と三方に海が広がっており、山地が多く海岸線が複雑に入り組んでいます。首都アテネの緯度は山形市とほぼ同じですが、地中海性気候のため暖かく気温は東京と同じ位。6〜9月が夏、12月〜3月が冬で雨の多い季節です。雨は多いと言っても日中は曇りか晴れで、夕方に降ります。今回のツアー仲間は皆心がけが良かったのでしょうか、雨は最初の夜にお湿り程度に降っただけで好天に恵まれました。国土の面積は13.2万kuで日本の北海道と九州を合わせたくらい。人口は約1094万人で約三分の一がアテネに集まっています。時差はサマータイムの季節が過ぎていたので7時間でした。
 街中で見かけた看板は大部分がギリシア文字。(英語もありました)読み方がわからないので何を売っているお店なのか見当がつきませんでした。カタカナの「オ」(逆?)に似たマークの旗はガイドさんが「アルファ(Α:α)銀行」のロゴマークだと教えてくれました。ホテルやレストラン、大きなお店などでは英語が通じました。通貨はユーロ。治安はヨーロッパのなかでもよいと言われていましたが、2〜3年前からスリが往行するようになったそうです。車は右側通行。マナーはあまり良くありません。水道水は硬水で石灰分が多いのでミネラルウォーターを買うようになどの注意を受けました。水はキオスクで売っていました。「犬も歩けば棒にあたる」と言う格言をもじって、「人も歩けばキオスクにあたる」と言えるほど沢山のキオスクがあるそうです。(ホテルのそばにも3軒ほどありました)夜遅くまで開いているので何かと便利でした。
 かつてはギリシアの航空会社オリンピックから、日本への直行便がありましたが、観光客が多くないため廃止されたそうで、スイス航空によるチューリッヒ経由。入国はアテネのエレフテリオス・ヴェニゼロス(政治家の名前)空港でした。所要時間は15時間半ほどですがチューリッヒでの乗り継ぎが約5時間ありホテルに着いたときは深夜になっていました。(戸惑ったのはエレベーターの扉を自分で開閉しなければならなかったことで、うっかりしていて通過して行ってしまったことがありました)

 現地ガイドさんによる話をいくつか紹介しますと、ギリシアは農業国。大理石とオリーブの国でかんきつ類も豊富です。日本との貿易格差は大きいのですが工業製品はあまり生産していないので日本の車、時計などに人気があり、サロンパスやキンチョー(カトール)も輸入されていて貿易摩擦はありません。年間所得は1万ドル(日本は3万ドル)初任給は安いが、のんびり夜遊び大好き国民で、殆どの人が海のそばにセカンドハウスを持ち生活を楽しんでいるそうです。
 知っていると便利な単語は、朝の挨拶はカリメーラ(親しい人にはヤーサス)、有難うはエフファリストー、水はネロなどです。

観光したのは下記の都市です
アテネ ATHENS
メテオラ METEORA
デルフィ DELPHI
エーゲ海クルーズ AEGEAN SEA
コリントス
エピダウロス
ミケーネ
optional tour