この旅行記の作者である私の妻は、2017年11月25日に、天国に旅行に出かけました。「順次、追加する」予定だったようですが、もう、この世に帰って来ませんので、この記事の内容は、今後、追加されることはありません。 
パキスタン、ペシャワール郊外の夕日
 今から 20何年か前。地球規模で環境問題がクローズアップされ、ドイツではシュワルツバルト、中国では峨眉山の杉、日本でも西海岸の松が酸性雨の影響で枯れる被害がでたことは今も記憶に残っています。
 ちょうどその頃、環境クラブから「酸性雨測定」の呼びかけがありました。青森ではそれほど被害が顕著ではありませんでしたが、何かお役に立つのならと思い、1992(平成4)年に測定に参加しました。
 それがきっかけとなり、1993(平成5)年に、環境クラブの企画による、バイカル湖の環境保全活動への協力を目的とした「バイカル湖エコ・ツアー」に同行させていただいたのが、最初の海外旅行でした。そのとき現地で受けた暖かい歓迎、珍しい異国情緒の風景など今も忘れることができません。  
 そして1995(平成7)年、消費生活アドバイザーの友人からドイツに「PL法」を学びに行きませんか?との誘いがあり、再び海外へ。その後も友人に誘われて数回でかけましたので、旅行の記録を残しておこうと拙い文を綴っておきました。
 2003(平成15)年に、当時の写真と記録文を組み合わせ、ホームページを作ることにしましたが、作りやすいものから順に作ることになってしまいました。
 下の目次には、旅行先のほかに、小さな字で年・月が記入されていますが、これは旅行に出発した「年」「月」です。
 また、目次にあるものの他に、以前に旅行した時のメモや写真が手元にありますので、順次、追加していくつもりです。しかし、皆さんに、お見せするときには、旅行してから、かなり時間がたったものになるおそれがあります。十年一昔と言われるように、風景や、経済状態など現在とは異なっている場面が多いこともあると思いますが、ご了承下さいますようお願いいたします。  
目次