昨年(2007)、ふと思い立ってインド旅行のツアーに参加を申込み、三つの代表的な都市を廻ってきました。そのときのことを備忘録的に書きとめてみました。勝手な思い違いや、ガイドさんの説明の聞き違いなどがあると思いますので、その点ご容赦ください。
 インドは南アジアの中央部にある大半島で、北にはヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、東に東ガート山脈、西には標高1,500mの西ガート山脈が連なり、南部の大部分はデカン高原、北に平野部があります。気候は典型的な熱帯モンスーン気候で、6〜10月の雨期と11〜5月の乾期に分けられ、乾期は更に11〜2月の冷涼と3〜5月の暑熱にわけられます。降雨量は地形、風向きにより異なりますし、地域的にも大きな差があります。
 紀元前2300年ころからインダス川流域に文明が栄え、前1500年ころの遺跡(モヘンジョ・ダーロ、ハラッパー他)が残っているなど歴史の古い国ですが、様々な民族の侵入による変遷をたどり、1947年に英国より独立、インド憲法が1950年に発布され、共和国が成立しました。
 農業、畜産国で小麦、綿花、茶、ジュートの生産が主ですが、地下資源にも恵まれ、工業も発達しています。
 民族、言語、宗教構成は複雑で、宗教はヒンドゥー教徒が81.3%、イスラム教徒が12%、キリスト教徒が2.3%仏教徒は最も少なく0.5%くらいです。公用語はヒンドゥー語ですが政府で認めている言語は16で250ほどの方言。更に補助公用語としての英語など全てで844の言葉があると言われています。人口は11億人を超え、最も大きい都市がコルカタ(カルカッタ)、次がムンバイ、三番目に大きいのが首都デリー(1300万人)です。
 今回の旅行は、2007年11月1日〜11月5日までの5日間でした。フライトに先立ち、ツアーコンダクターより次のような注意がありました。フライト時間は8時間45分。日本との時差は3時間30分遅れ、インドでは現地時間で行動する。
 両替は現地で、通貨はルピー、10ルピーは33円です。しかし、ガイドブックでは29円となっていましたので少々円安になっているようでした。また5ルピー、2ルピーは単位としてはありますが、殆ど通用していないようでした。そのため、トイレ使用料、実際は5ルピーで良いそうですが、10ルピー支払ったことが何度かありました。チップは10ルピーです。逆両替は困難でした。
 飲食物の注意として、生野菜、カットしてある果物、ヨーグルトドリンク(ラッシー)油、水などは、必ず火の通ったものを食べるようにとのことでした。ミネラルウォーターはホテルで買うと100ルピーでしたが、バスの運転手さんなら20ルピーとかで手にはいります。あまりの差異に値段は一体どうなっているのでしょう?妙な国という印象でした。
 ニューデリー(インデラガンジー)国際空港には現地のガイドさんが出迎えてくれて、細かな気配りをしてくれました。バスを使った3都市だけの駆け足観光で、インドの真の姿は分からず残念でしたが、ガイドさんの達者な日本語で楽しく過ごすことが出来ましたことを感謝しています。
 季節はちょうど秋で、朝晩は冷えるが日中は34℃くらいになり暑いのですが、バスのエアコンは調整不能とのこと。会社の勤務時間は午前9時から午後5時までなので、空港に着いた17時30分はちょうど帰りのラッシュ時間だったわけです。郊外にあるクレルモントホテルまでは約30分かかりました。
 ホテルの周りには何もないので外に出ないようにと注意されました。
 11月9日はインドのお正月(お祭り)で家の電球を取り替えたり、お菓子を配ったりシバ神をお祭りするための買い物をするなど忙しい時期だそうです。
 最近は車が増えていますが、すべて合弁会社で輸入車はありません。一番人気のあるのはスズキの800ccの車で65万円くらい。(800ccは日本では聞いたことの無い規格、これも一寸妙な国という感じでした)。トヨタ車は高いので買う人はあまりいないそうです。その他ドイツのオーペル、ベンツなども使われています。(日本に帰ってきてからTATAと言う会社で20万円くらいの安い車を販売したと言うニュースを聞きました)
 
 インドの言葉は1個だけ、有難うはダンニャワード(DHANYAVAD)と教わりましたが、ツアーで寄ったお店は英語が通じましたので結局一度も使わずじまいでした。


     観光はジャイプルからはじまりました。


都市名側の赤丸は関係ページにリンクしています
北にヒマラヤ山脈が見えたとき、機長さんさんより、「右手前方にみえるのが、エベレストです」というアナウンスがありました。急いでカメラを取り出しシャッターを切りましたが、高い嶺が連なっていて、どの頂きがエベレストなのかよくわかりませんでした。