2004年5月。インドネシアの2つの世界遺産「ボロブドール」と「プランバナン」を訪ねたいと思いました。これら二つの遺跡は、ジャワ島のジョグジャカルタにあります。日本からジョグジャカルタへの直行便はないので、まずバリ島のデンパサールに飛び、ここで乗り換えて行くのが普通のようです。バリ島には最初の夜を含め3泊しましたので、ウブドやキンタマーニ高原などの自然に親しむこともできました。これはそのときの記録です。
 成田を11時に出発。下図にあるデンパサール空港(グラライ国際空港となっている本もあります)に着いたのは17時20分。気温から日本の夏のように薄暮の時間が長いだろうと思っていたので、日暮れが早いのにびっくりしました。考えてみたらほぼ赤道直下ですから北半球のように夏は昼が長く、冬は短いということは無く、一年中昼と夜の時間の長さはほぼ一定だったわけです。
一人で苦笑してしまいました。
   

バリ島の地図

バリ島 Bali (1)
 バリ島は東経115度、南緯8度に位置します。面積は5633ku、三重県と同じくらいの大きさです。人口は約312万人。インドネシア全体ではイスラム教の信者が多いのですが、ここバリ島は93%がヒンズー教徒です。
予約したホテル、メリア・バリは島の南ヌサドゥア地区にありました。空港から車で20分ほどの距離です。地区への入り口には尖った岩が道の両側に立っていました。これは割れ門と呼ばれ、ガイドさんの説明によると山が二つに裂けて、一つは男性、もう一つは女性になったことを意味しているのだそうです。さらに奥に進むと遮断機のある検問所がありました。一昨年バリ島でテロの爆破事件があって以来チェックが厳しくなったのでしょうか?無事ホテルに着き一安心。外はすっかり暗くなっていたので外出する勇気がありませんでした。

 翌朝。ホテル内のあちこちに石像が飾られているのを見ました。食卓にもユニークなお面の飾りものが置かれていました。
石像は逆光のためはっきり写りませんでしたとても残念です)
ホ テ ル 内 の さ ま ざ ま な 装 飾


マングローブとウブドの観光

 ホテルからマングローブ情報センターのあるヌサビーチまでは約35分。広く立派な道路を通って行きました。この道路はインドネシア独立のために戦って死んだグラライ将軍を悼んで「グラライ・バイパス」と名づけられたそうです。中ほどには将軍の彫像が建っていました。
マングローブの見学を希望した理由は、「日本人とエビ」(岩波新書)を読んで、日本でインドネシアから輸入しているエビはマングローブを伐採して作った養殖池で育てられたことを知り、マングローブ畑とはどのようなもので、どのような状態になっているのか機会があったら一度見たいと思っていたからです。
情報センターでは、エビの養殖池や工業・商業用地に転用されて年々減少しているマングローブの保護のため、JICA(国際協力事業団)が支援している保護プロジェクトの活動内容や現状について、また熱帯の生態系についての講義を聴き、その後で「大森林公園」に指定されているマングローブ林を案内して下さいました。


マングローブ・トレイル(木道)
マングローブ情報センターの割れ門

 マングローブという名の木は無く、潮間帯に生える植物の総称でいろいろな科のものがあること。代表的なものはオオバヒルギ、ヤエヤマヒルギ、マヤプシキ、ヒルギモドキ、サキシマハマボウ、フタバナヒルギなど主要なもの13種、その他マングローブ関連植物も合わせると50種ほど。シオマネキ、テッポウエビなどの甲殻類は30種。鳥類は70種。爬虫類は10種くらい生息しているそうです。
 
 マングローブの林を一巡りした後センターに戻り所長Arief Mahmudさんのサイン入りの証書を頂きました。

 次に訪れたアシタバ工房ではアタの茎を使ってさまざまな形の入れ物を作っていました。店主は日本人で、成田からの飛行機に偶然その奥様と乗り合わせていたとか、従業員の現地人はみんな真面目で一生懸命仕事をしていました。
アシタバ工房 故アントニオ・ブランコ邸屋上

 またバリ島は芸能、芸術。特に絵画は有名でウブドには美術館や絵画を売っている店がたくさんありました。バリのダリと呼ばれた故アントニオ・ブランコ氏はスペイン人でバリ島が気に入ったため踊り子を妻にしてここで一生を終わったそうです。奥様や娘さんなど女性をモデルにした絵(解説が必要な絵もあります)が画廊いっぱいに飾られていました。見晴らしの良い屋上も異国情緒を味わえる場所です。息子さんも画家ですが、父親とは作風が全く異なり独特のフレームに入っている静物画は、見る人に安心感を与える優しい美しさがありました。
 本通りからそれて奥に入ること約30分。ライステラスと呼ばれる棚田が広がっていました。インドネシアは一年中稲作に適した気温なので、日本のように一斉に田植えをすることはなく、適当に順繰りに行って一年に3回収穫することが出来る3毛作です。
ここは豊かな緑により心身共に癒されることで人気があります。森林浴じゃなく田園浴でとても清々しい気分になりました。
ライステラス
 夕暮れには白鷺が帰ってくるというプトゥル村に行きました。しばらく待っていると南の方から三々五々と高い木を目指して飛んできました。
木の後ろには寺院があり、白鷺は寺院の使いの者と信じられていて村人から大切にされているそうです
白鷺の案内板 木の上に集まった白鷺


 バリ島のヒンズー教徒は信心深く、自然信仰が根強く残っていて、人々は一日に朝・昼・晩・の三回神様に(道端や田や畑の神様にも)お供え物をします。そのとき女性はお供え物を頭に載せて運びます。(右の写真)