イタリア紀行

 イタリアは、南ヨーロッパのほぼ中央に位置し、アルプス山地から南に向かって地中海に突き出ている長靴の形をした半島と、シチリア島、サルデーニャ島その他の島々からなりたっています。
 面積は30万1226ku。北方は大陸部で、イタリア最大の長さ680kmのポー川が西から東に流れ、アドリア海に注いでいます。その流域は肥沃なロンバルジア平原で有名な穀倉地帯です。半島のほぼ中央には背骨のような感じにアペニン山脈が連なり、両側には細長い海岸平野があります。国土の90%は山間部。山脈には火山が多く、地震が頻発するなど、地形的にも地質的にも日本とよく似しています。
 気候は地中海性気候で温暖。四季がはっきりしています。東京とローマの気温は同じくらいですが、湿度は低く、夏はアルプスを越えるフェーンが吹いて気温を上げ、冬は北部では寒いが中南部では雨も少なく気候は安定しています。春と秋には雨が多いですが、縦に長い国のわりには、地域的な差が少ないのが特徴です。日本より緯度が高いので夏は夜8時くらいまで明るく、冬は夕暮れが早くなります。
  私たちがイタリアを訪れたのは3月30日から4月6日までの8日間。桃や梨、アカシアなどの花が満開、木々の緑も鮮やかでとても良い気候でした。添乗員さんはよく気の届く親切な方で、説明が適切だったのでところどころに紹介しました。何はともあれ安心して旅行を楽しむことができたことを感謝しています。
 食事には必ずパスタがつきました。パスタは600種類もあると言われ、ソースや使用されるハーブがさまざま自分の味があり、みんなが自家の自慢をするそうです。パスタはローマ帝国時代からあり、当時の味付けは魚醤でした。スパゲッティ・ナポリタンと言うものはイタリアにはなくスパゲッティ・トモドールがそれに似ており、日本でスパゲッティ・ミートソースというものはイタリアではスパゲッティポロネーゼと呼ばれるそうです。朝は基本的にはパンとコーヒー(私たちは毎朝カプチーノを頂きました。コーヒーのエスプレッソとは速いという意味で、カプチーノとはカトリックの僧が被る頭巾:カプッチョ:の色とよく似ているところから名づけられました昼食は1時〜2時まででパスタを食べワインを飲んで2〜3時間の昼休みをとります。夕食は8時頃でやはりパスタとワインです。昼に酒を飲んでもまっすぐ歩ければ問題は無く、酒の取り締まりはありません。車のスピードも最近少し厳しくなりましたが、昔は制限がなかったそうです。

観光したのはイタリアの5大都市とジェノヴァ(オプショナル)です。
(クリックしてご覧ください)

ロ ー  マ Roma
ポンペイ・ナポリ Napoli
フィレンツェ Firenze
ピサ Pisa
ヴェネツィア Venezia
ミ  ラ  ノ Milano
ジ ェ ノ ヴ ァ Genova

                       タイトル左のキーホールダーはピサで求めたものです。