中欧と一口に呼ばれている国には、16カ国もあること。そして夫々に住んでいる民族や、言語、通貨の違い、また複雑な歴史があることを知りました。
 最初(2008年)に中欧4カ国の旅に参加したときは、ドナウ河、モルダウ(ブルタブ)河、モーッアルトの生家に惹かれ、次にアドリア海の真珠と言われるドブロヴニクを見たいと思い、昨年はショパンのポーランドに憧れて……、今回は「アルバニアは、ヨーロッパの秘境」という言葉に誘われて四度目の中欧旅行となりました。
 2014年10月16日成田空港発のトルコ航空機で約12時間30分イスタンブールに到着。時差は7時間。一応時計を現地時間に合わせると午前5時。外は暗く、小雨がぱらついていました。ここで乗り換えて更に1時間半ほど西に飛び、時差は1時間増えて8時間になりました。 コソボのプリシュティナ空港に降り立ったのは8時20分でした。
 現地のガイドさんの誘導でツアー専用のバスに乗り、観光が始まりました。
 
 夜明けのイスタンブール空港
 今回の旅行には日本語の話せるガイドさんがいませんでしたので、現地のガイドさんの話をツアーディレクターさんが通訳してくれました。記録として残したいと思い書き留めましたが、内容について聞き間違いや、記憶違いがあると思いますので、お気付きでしたらご教示ください。
また、日程的に忙しかったのでゆっくり写真を撮る時間がなくピントの合っていないものが多いようです。お許し下さい


地図上のコソボマケドニアアルバニアの国名から各ページにリンクしています。