オフリドからアルバニアのベラートまでは約185キロメートルほどあり4時間の行程です。オフリドは国境の町といわれ湖の中に国境があり、かつては警備隊がいて逃亡者は射殺されたということです。
 8時にホテルを出発。8時52分に無事マケドニアを出国することができました。
 正式な国名はアルバニア共和国。面積は28,703平方メートル。九州の半分ほどの大きさです。国土の西部は海岸(アドリア海)。中部は高原。東部は山岳。(国土の65%が山)人口は約32万人。首都はティラナ。気候は冬温暖ですが、夏は暑く。独自の通貨です。(1レクは約1円)
 古代にはイリュリアと呼ばれイリュリア人が住んでいました。紀元前2世紀にはローマ帝国の支配を受け、14世紀以降いろいろな国に支配されて15世紀にはオスマン帝国の領土となりました。1939年イタリアが侵攻。1943年ドイツに占領され、1950年にはエンヴェル・ホッジャにより、スターリン主義政府となりましたが、1961年にソビエト連邦と決別して、中国の影響を受け無宗教国家宣言をしました。しかしそれもうまくゆかず鎖国をしました。 
 1976年からはトーチカを造りその数50万個といわれています。取り除くのにお金がかかるため現在もあちこちに見られました。(トーチカはロシア語、アメリカではバンカー)
 1997年にねずみ講の会社が破産。大内乱が起こり国中に武器が流れ空中に発砲。銃弾が落ちて死んだ人もいるそうです。国民の楽しみは散歩、仕事がなくヨーロッパの最貧国といわれています。
 (アルバニアはヨーロッパの秘境といわれているように、考古学的な研究が手つかずなので、掘ればバルカン半島の原住民の歴史が分かるのではないかということでした)

  アルバニアに入ってひと休みした時。トピアリーを生垣にしている庭がありました。様々な形が面白く写真を撮っていると、その家の女主人が庭の中に入れてくれました。アルバニアの人は親切で友好的と言うのが第一印象でした。
 また、道路の左側に線路があったので、どんな列車が通るか見たいと思いましたが、ガイドさんの話によるとこの線路は貨物用で人を乗せるものではないこと。電車は時間も不定期で、古く窓もないので誰も乗らないこと、みんなバスを利用しているとのことでした。
トピアリーの生垣 貨物輸送の線路
  トーチカという言葉に興味津津。最初に見えた所でバスから降り、みんなで中を覗きました。畑の斜面に道路に面して銃眼孔のあるもの、一人用の小さい物などありました。幸いにも?実際には使用されなかったそうです。戦争に備えた遺物が、現在観光に一役買っているのは皮肉な感じでした。
 道路はイタリアやドイツが侵攻した第二次世界大戦のとき造られたものを修理して使っているとのことでしたがそれほど悪路ではなく、空に幾筋か飛行機雲をみかけましたが、静かで自然が美しいと思いました。
トーチカ
山と川 ロータリーのモニュメント
畑の中のトーチカ のどかな風景

ベラート  お城と千の窓を持つ街
 ベラート城は紀元前4世紀ごろ基礎が築かれたそうですが、現在の形の城は13世紀に造られました。15世紀オスマン帝国に支配された時。城内に赤いモスクとミナレットが建てられましたが。壊れかけたミナレットに僅かに往時の栄華を偲ぶことができるだけです
 お城の中には人が住んでいて、果物や手芸品などを売っていました。ここは世界遺産になっているので家は増改築することができず。もちろん修理もできないので、壊れたら城から出るしかなく、出ることを希望すると補助が支給されるそうです。
 城内を案内されてコンスタンチヌス皇帝の像や、三位一体教会、ミナレット、そして
眼下にはベラートの街やオスム川を見ることができました。
ベラート城の門
広い城内の建物
人の住んでいる家 通路に並べられた売り物
コンスタンチヌス帝の像 三位一体教会 イスラム教のミナレット
お城からの眺め 城内の散策

  お城の建つ小高い山の南斜面、マンガレム地区は、2008年、世界遺産に登録され、「千の窓の街」と言われる珍しい風景のところです。街のそばを流れているのはオスム川でデボル川と合流しセマム川となってイオニア海に注いでいます。
 窓が多いのは魔除けと信仰の意味があり、家族の健康を守るためだそうです。橋を渡って写真撮影を楽しんだ後、夕暮れの迫るなか首都ティラナへ向かいました。
千の窓の街
オスム川に架かる橋 美しい夕焼け(4本の尖塔はイスラム寺院)

クルヤ  スカンデルベグ博物館へ
 ティラナから47キロメートルほど北のクルヤに、アルバニアの英雄スカンデルベグの足跡を展示している博物があります。クルヤの人達は山の民で、寡黙、真面目、そして働き者です。
 標高1600メートルの山頂には見張り台が今も建っています。アルバニアの国旗の使われている双頭のワシはスカンデルベグの生家カステリオティ家の紋章で、ワシは山の神の象徴。ワシがアルバニア人になったという伝説もあるそうです。 
 スカンデルベグについては、母がギリシャ人という説と、両親ともアルバニア人という説がありますが、ギリシャ人とアルバニア人を正確に区別することは難しいのだそうです。彼は幼い時にオスマン帝国の人質となり、イスラム教の戦士(イエニチェリ)としての訓練育成をうけた。彼はスルタンからスカンデルベグの名を贈られたが、オスマン帝国がハンガリーに敗れた時アルバニアに逃れキリスト教に改宗。その後侵攻してきたオスマン帝国軍を撃退して、一躍その名が知れ渡りローマ教皇庁大将軍に任ぜられました。
 しかし、彼の死後アルバニアは(1478)オスマン帝国に支配され20世紀まで独立を回復することができませんでした。
(博物館内は撮影禁止でした)
ホテルドロシテイ ティラナ郊外
田園風景 クルヤの町
クルヤの商店街 石畳の坂道
クルヤ城の見張り台 博物館の入口
クルヤ城  スカンデルベグ博物館
入口のスカンデルベグと兵士の石像 クルヤの城壁と眺望

 クルヤ城に向って右手に古民家がありました。昔のアルバニア人の生活習慣を展示していました。部屋は女性用と男性用とに分かれていて女性は集まって手芸?。男性は歓談?女性の母親はそこで娘の相手の品定め?をしたそうです。生活用品や、機織り機械、などいろいろなものがありました。
民族博物館の展示物
 ティラナに戻る途中、畑のリンゴの木に赤いリンゴがたわわに実っているのを見ました。中国と手を組んだ時、畑に適さない土地には工場が建てられたそうです。町に入ったとき道路の真ん中にアルバニアの国章をかたどったモニュメントが見えました。急いで撮影したのですが、動いているバスの中からだったので(赤色だったと思うのですが)拡大したらシルエットのようになってしまいました。

たわわに実った果樹 国章のモニュメント

ティラナ市内観光
 国立博物館は下車して内部を見学しました。旧石器時代〜新石器時代の様子。紀元前3万年〜1万年前の土器の展示。様々な出土品、イルリヤ人の銅板など珍しい物がありましたが、最も印象に残っているのは、戦争?で犠牲になった人々についての記録でした。そしてマザー・テレサを民族の誇りとして飛行場や広場にその名をつけて大切にしていること等、素晴らしいと思いました。
 ティラナの町の中央を貫いてラナ川が流れていました。両岸は小公園のような緑地帯です。
 先ずバスで、環境省、防衛省などの建物をみて廻り、徒歩でティラナ大学、大統領府、議員会館そして、ホッジャが建てたという国際文化センター、(子どもたちの恰好な遊び場です)時計塔、ジャーミア・エトヘム・ベウト、スカンデルベグ広場までで観光はすべて終わりました。
 

国立博物館 オペラハウス
国際ロータリーのシンボルマーク 技術大学
大統領府 議員会館?
モダンな建物 町なかの公園にもトーチカが…
国際文化センター
平和の鐘 道路沿いに並べられた書籍(書店?)
時計塔 ジャーミア・エトヘム・ベウト
ティラナ・インターナショナル(ホテル) スカンデルベグの騎馬像

 散策の途中。小学校高学年くらいの二人に出合ったとき、にこにこして写真を撮ってもいいかと訪ねられました。人懐こい感じが明るく愛らしく、過去の歴史の陰は見られませんでした。
 この度の観光旅行で感じたことは、GDPがヨーロッパで一番低いと言われているアルバニアは、確実に目覚ましい復興への道を歩んでいるということでした。