メキシコ最初の文明は、紀元前1200年頃メキシコ湾岸に興ったオルメカ族の文明です。次に出現したのはマヤ文明です。メキシコ南部ユカタン半島に興ったこの文明は、紀元前1000年頃から紀元後1400年頃までの長い間続き独特の文字や数字を持ち、精密な暦やピラミッドを造り栄えましたが、突然消滅し、その理由が不明なので謎の多い古代文明といわれています。
 オルメカ文明が終わりを告げた紀元前100年頃、メキシコ中央高原(現在のメキシコシティの場所)にテオティワカン文明が発祥。紀元後750年まで続き、遺跡から独自の都市計画を持っていたことがうかがわれます。テオティワカンの衰退期と重なって、トルテカ文明(紀元後750年〜1200年)が出現。ケツアルコアトル(マヤ文明ではククルカンと呼ばれ、羽毛のある蛇:ケツアル=鳥、コアトル=蛇)神の信仰がおこりました。これは後にアステカ族(アステカ文明)に受け継がれました。スペイン征服者がメキシコに上陸したとき、アステカは11代君主クアウテモックが治めており、最も栄えていた時期でした。
 しかし、ケツアルコアトル再来の伝説が災いし、町はスペイン軍に侵略され、クアウテモックはスペイン兵エルナン・コルテスと勇敢に戦いましたが敗れ、捕えられ、金のあり場所を探るため4年間生かされた後、結局処刑されてアステカ帝国は滅亡しました。そして、
都のあったテノチティトランの上にスペイン人がメキシコシティを築きました。
 現在遺跡の発掘がおこなわれています。(スペイン語ではメキシコはメヒコといいます)
 2013年4月6日〜13日 メキシコの旅の思い出を記してみました。記憶違いやガイドさんの話の聞き間違いがあると思います。ご容赦ください。

下図は観光した場所の略地図です
メキシコシティ、メリダ、カンクンの3地点がリンクしています