「イグアス」とはすごい水という意味(イが水:グアスが大きい)。イグアスの滝は植民地時代に「サンタ・マリア大瀑布」と呼ばれていましたが、現在は先住民グアラニー族の呼び名「イグアス」に改められました。(滝はスペイン語でCataratas:カタラタス)
 この川は1320kmほど東、ブラジルのクリチバが源で、滝から約23km南でパラグァイ川と合流してパラナ川となり、アルゼンチンに入ると更に名称が変わってラ・プラタ川と呼ばれ、約3000km流れて大西洋に注いでいます。
 滝から流れ落ちる水の色が黄色に見えるのは、ここの土壌が赤土(Terra Rocha :テハ ホシャ)のためだそうで、ラ・プラタ川の水も同様に褐色をしています。赤土の下は玄武岩で滝のところは玄武岩だそうです。
 
 イグアス滝の周囲は鬱蒼とした亜熱帯雨林で、アルゼンチンとブラジルにまたがっています。滝の上の川幅は4km。滝の幅3km。数は大小合わせて300以上もあり夫々に名前がついていて、その70%がアルゼンチン側、残り30%がブラジル側となっています。水量は夏に多く、川の最も深いところはアルゼンチン側のユニオンと呼ばれる場所。有名な悪魔ののど笛(Garganta del Diablo =ガルガンタがのど、ディアブロが悪魔)のすぐ上です。滝の音がものすごいので一般に喉笛と言っていますが、悪魔の喉仏と書いている本もあるそうです。
 次に水量の多いのはサン・マルチン滝。景観の美しいのはブラジル側です。落差は高いもので100m。2段になっているところは1段が40mなのでほぼ80mあります。今年の水量は例年の3倍とか、「いつもは切れているはずの滝の幾つかが繋がってしまっています」とガイドさんが話してくれました。ですから幸いなことにすごい迫力の瀑布群を見ることができたわけです。
 
 滝の観光はアルゼンチン・ブエノス・アイレスのジョージ・ニューベリー空港からイグアス空港へ約1時間45分の空の旅から始まりました。

 
イグアス空港 空港の駐車場

 イグアス空港はアルゼンチン領内にあり、宣教師館の建物に似せて赤土粘土でつくられています。今夜(10月3日)の宿泊はブラジル国内のためバスで国境まで移動し、ブラジル入国の審査を受けて、ブラジルのバスに乗り換えました。(ブラジル国内ではブラジルのバスを使用しなければならない決まりになっています)政府の機関があるところは撮影禁止。いろいろな制約があるようで緊張しました。
イグアス川に架かる橋を渡ったときガイドさんが「橋の長さは480m。この川の一番深いところが国境で、壁を夫々の国旗の色に塗り分けています」と言ってバスを止めて写真を撮らせてくれました。橋の名はアルゼンチンの提案で決まり、ブラジルの故大統領の名「タンクレド・ネーヴェス」です。イグアス川には130種ほどの魚がおりナマズの種類が多く、鱗が黄色いサケ科の魚(ドーラート?)は日系人が刺身にして食べるそうです。またワニやピラニアもいるとか、イグアス川もアマゾン川同様恐ろしいようです。 (国立公園外での釣りは自由です)
イグアス川
国境の橋(左がブラジル:右がアルゼンチン)

 ガイドさんがブラジル語の挨拶について話してくれました。有難うは男性がオブリガード。女性はオブリガータと違うので注意しなければなりません。おはようは、ボンジュア。こんにちはは、ボアタルジ。さようならは、ボアノイスなど。「チャウ」は親しい場合で、丁寧に言うときは使わないほうがよいようです。通貨はレアルで、レートは1ドルが1.7レアル。1レアルは58円です。
 気温は昨日の最高が18℃、最低が10℃。今日は最高気温が38℃でした。明日の予報は最高が33℃、最低が18℃、またスコールのような感じの雨が降るかもしれませんから観光中は雨具を持つようにと言われ、日によってずいぶん差があるので驚きました。(旅行中は幸い好天に恵まれ寒い日はありませんでした)
 ホテルのあるブラジルの町はフォス・ド・イグアス市(フォスは川の終わりの意味)で人口30万人青森とほぼ同じだと思いました。170軒のホテルがあり、観光で生活している人が多いそうです。

 
 翌朝はアルゼンチン側の観光から始まりました。滝に最も近い町はプエルト・イグアスで人口5万人くらいブラジル同様観光で生活している人が多いとのことでした。滝へ行くのには、トロッコ列車に乗らなければなりません。始発は8時30分なのでホテルを7時15分に出発しました。トロッコの駅は国境検問所から15分。ここでは排気ガスから自然を守るため車のエンジンを切るよう指示されています。イグアス国立公園は555kuあり、1984年世界自然遺産に登録されましたが、国境警備のため原生林が伐採されたので60年〜70年の若い樹がほとんどです。
 落葉樹が多いので、日本が秋のとき南半球に位地するブラジルは春ですから葉の色は逆になり、日本が紅葉するときブラジルは新緑になります。

 
トロッコ始発駅 発車時刻 8:30

満員のトロッコ列車
  朝早いと滝の白いしぶきが煙のように遠くからも見えます。「悪魔ののど笛」の滝つぼを上から展望するための遊歩道は2001年に架けられましたが、3回ほど流され現在ある橋は2007m年に架けられた長さ1.6kmのものです。コンクリートの柱の上に金属の渡り板を載せただけ、留めていないので洪水のときに流されても修復が簡単です。3週間前には水浸しになって通行止めになったそうです。途中には壊れた橋がそのまま放置されているところがありました。
悪魔ののど笛への入り口 遠くから煙のように見える水しぶき
川の上に架けられた遊歩道 壊れて放置されたままの遊歩道
 轟音を響かせて馬蹄形の滝壺に落ちる水。じっと見ていると引き込まれそうでした。この滝壺に落ちれば肉体は粉々になり死体があがることはないので悪魔の名がついたのだそうです。滝しぶきの中をたくさんの鳥が飛んでいるのは、(下写真左中ほどの黒い点)オオムジアマツバメだそうで、入り口の掲示板にその絵がありましたが?…
アマツバメの描かれた掲示板



悪魔ののど笛(Garganta del Diablo)

 悪魔ののど笛の観光を終えてトロッコ駅の中間地点まで戻り、ヴューポイントに寄って上から滝を眺めました。規模があまりにも大きく複雑で、四方八方から流れ落ちるさまはまさに壮観、ただ圧倒されるばかりでした。下に見える遊歩道はどこに繋がっているのか、夢の世界を覗いているような不思議な気持ちでした。






ヴューポイントで上から眺めた滝

 滝全体の形が見えるのはブラジル側とのことなので、再びブラジルへ移動しました。ブラジルとは樹木の名前で、ポルトガル人が国名にしたそうです。材が赤黄色の硬い木なので置物などの細工に使われます。ブラジル側の世界遺産指定は1986年で面積約17000ha。東京都とほぼ同じ広さです。アルゼンチンとはイグアスの「ス」のスペリングが異なるので別々の世界遺産として登録されています。観光のための施設は2001年に作りかえられたので、すべてが近代的に整えられていました。公園へは世界遺産のマークがついた立派な塀で囲まれた入り口から入ります。排気ガスを減らし、車に轢かれて死ぬ動物をなくすため、一般の車や観光バスは中に入ることが出来ず70人乗り、二階建ての電気自動車に乗り換えます。

世界遺産の表示がある壁(ピューマは公園のシンボル)
電気で走る二階建てバス(定員70人)


二段になって落ちてくる滝




一段目と二段目の間に架けられた遊歩道。橋の先端はすごい水しぶき


展望橋からみた一段目の滝

 滝の本当のスリルを味わうのにはボート・ツアーに参加することでは?と思い準備をして出かけました。ボートの乗り場まではジャングルの中をジープで進みましたが、道があまりにも細いので車がすれ違うことができず。無線で知らせ合っているとのことで、8箇所待機場所が設けてありました。 ジャングルの中に100年ほどかかって高さ25mほどに成長した木がありました。ガイドさんによると原住民が丸木舟を作った木(Timbauva:チンバウバ)。また、蔓を切って乳白色の汁が出たものは飲めないが、白く透明なものは飲むことができます。椰子の新芽はサラダに入れて食べるとアスパラガスのような味がします。など説明してくださいました。ボート・ツアーでは、カメラが濡れると故障すると注意されたので、水しぶきがかからないようレインコートの中に入れてボートに乗りました。

ポート・ツアー風景 待機場所で待つジープ
水しぶきに備え完全武装 水しぶきでできた虹

 公園内は自然が豊かでさまざまな生物を観察することができます。野生動物、には、アリクイ、シカ、イノシシ、ピューマなどの他、アライグマの種類のコアッチは餌を探しに出てくるそうで何匹も見かけました。蝶は種類が多く800種とか、日本では見たことのない斑紋の蝶がたくさんいました。
 翅の裏8.0とか8.8という斑紋のあるチョウは、南米の固有種なのでしょうか「オイテンタ」80「オイテンタ・エオイト」88(Ochenta y Ocho Azul)と名付けられており、遊歩道の手すりによく止まっているそうです。遊歩道を歩いていたときコアッチの糞に止まっているオイテンタの仲間?とアゲハチョウを見ました。(写真:最後のオイテンタ二枚は一昨年旅行された友人よりご提供頂きました)
 植物は見たことのない花木が多く、赤い花(マメ科)は日本でデイゴと呼ばれていますと言われブラジルの国花であることを知りました。
コアッチ トカゲ
コシアカツリスドリの巣
アゲハチョウ科 タテハチョウ科 セセリチョウ科
タテハチョウ科
Vanessa braziliensis)
ツルギタテハの仲間
(Marpesia)
タテハチョウ科
(Doxocopa属?)
タテハチョウ科? タテハチョウ科
シロチョウ科 ウズマキタテハ
(Callicore)
ウズマキタテハ
(Callicore)

オイテンタ・エオイト(Diaethria eluina eleui)

デイゴ
ベゴニア


 滝観光の締めくくりは、イグアス川とパラグァイ川の合流点。つまりブラジル、アルゼンチン、パラグァイの3国の国境モニュメントを見ることでした。モニュメントは1930年に建てられ、夫々の国旗の色に染め分けられています。
イグアス川(右)とパラナ川の合流点 アルゼンチンのモニュメント
ブラジルのモニュメント パラグァイのモニュメント