この旅行記は2007年4月7日〜14日までの8日間
あるツアー会社の企画に参加したときの記録です。


 ユージーランド(New Zealand)は南太平洋、オーストラリアの南東、赤道と南極の中間に位置しています。イギリス連邦の自治国で面積約27万534ku(日本の国土の約4分の3)北島11万6000ku、南島15万1000kuとその属島4000kuからなりたっています。南島の南アルプスには、3000m級の高山が17もあり、島の南岸はフィヨルド海岸、北岸はリヤス式海岸です。北島は火山が多く火口湖や温泉があります。人口は373万7737人(2001年3月)その多くが北島に住んでいます。
 気候は南半球のため日本と逆で、1〜2月が暑く、最も寒いのは7月ですが、比較的温暖。平均気温は南部が10℃、北部が15℃で、夏と冬の気温差は日本より少ないようです。けれども一日の中に四季があると言われるほど一日の中で朝晩と昼の気温差が大きいのが特徴です。降雨量は南より北が多く平均すると年間6000mmほどです。
 総人口は約370万人。約90%がイギリス系、数%がマオリ族のため言語は方言と思われる独特の言い回しの英語とマオリ語が使われています。首都はウェリントンで北島の南端に位置しています。
 1861年。南島に近く、国全体のほぼ中央に位置するという理由でオークランドから移転されたのだそうです。(ツアーには首都の観光は入っていませんでした)
 通貨はニュージーランドドル(1$約78円)です。
 感染症予防のため検疫は厳しく食べ物や薬品などの持ち込みは申告しなければならないと聞いていましたが、住民はのんびりしており、13ある国立公園は自然をそのまま残していることから自然保護に力を入れている国だということがわかりました。牧畜が盛んで、ひと昔前は羊毛製品が特産物でしたが、最近は化学繊維などの普及であまり売れなくなったため、蜂蜜、プロポリス、健康食品、化粧品など天然の原料を用いた物品の生産が盛んになっています。
 ニュージーランドという名称はオランダの地名ゼーランディア( Zeelandia)にちなんで付けられたといわれています。

国のシンボルマーク 飛行機尾翼マーク
 国の象徴となっている模様はシダで、白い葉の裏が雨にぬれて銀色に光るのをイメージ化したものです、いろいろな所で見かけました。また旅客機の尾翼に描かれていたのはシダの芽生えです。どちらも美しく印象的なマークだと思いました。





赤丸の地点が観光したところです