5時30分モーニングコール。早々に朝食を済ませ、8時の列車に乗るためにホテルを7時に出発しました。駅までは30分の道のりですが、発車の30分前に着かなければならないのだそうです。ガイドさんが「山の神様からよい天気をもらいました」と朝の挨拶をするほどの快晴、雲量はゼロでした。
 今日の注意事項として、この地域は熱帯雨林です。風が無ければ日中の気温は30℃位になりますが、晩朝は冷え込むので羽織るものを準備すること。列車は停電や交換で遅れることがあること。山は天気が変わりやすいので雨具を持つこと。下の畑で焼畑をするので、虫(ブユ)が山に逃げてくるため虫除けがあればいいでしょうなど
でした。
バスでオリャンタイタンボ駅まで 駅までの道路
 列車でオリャンタイタンボ駅から終点のアグアスカリエンテス駅までは1時間30分かかります。(オリャンタイは王様の名。タンボは宿場町)
 駅にはお土産品を売る人たちがいて、さまざまな模様のカーペットを購買欲をそそるように広げたり閉じたりして見せていました。
 列車進行方向の左手にチチカカ湖からアマゾン川へ注ぐビルカノタ川が流れています。場所によりウルバンバ渓谷(ウルはみみず、バンバは谷。曲がりくねった谷川ということ)と呼ばれ聖なる川と崇められています 
みやげ物を売る人たち
トウモロコシ畑 ウルバンバ渓谷
右手奥6225mのベロニカ山? 川沿いの民家

 列車を降りてから目的地までは、28人乗りのバスに乗り換えつづら折の坂道を登りました。ゆるいカーブも加えると90回くらい方向転換をし、まさに九十九折と書くのにふさわしい山道でした。
 マチュピチュとは「老いた峰」「恐ろしい峰」の意味で、昔は「マッチュ」と呼ばれていたペルー南部の山地。標高2500mにあるインカ時代の都市遺跡で1983年ユネスコの世界遺産に登録されました。この遺跡については、神殿跡からみて宗教儀式と関係があったようですが、周囲に高さ5mもの城壁をめぐらせていることから要塞だったとも考えられ、実際にここが利用されたのは、16世紀はじめスペイン人によるインカ帝国征服の時期といわれています。
 1911年ハイラム・ビンガムによって発見されたことになっています。しかし、ガイドさんの説明によるとによると「土地の人たちは昔からこの遺跡があることを知っていたけれど、発表しなかったのでビンガムが発見者と言うことになった」のだそうです。
 観光客は1日に3000人も訪れるとか人気のほどがうかがわれました。
マチュ・ピチュ行きのバス 遺跡の入口

 ガイドさんの案内で遺跡内に入り教えられた写真スポットで自由に撮影を楽しみました。インカ帝国では国の端から端までつなぐための道路が作られました。この道はインカ道と呼ばれ石畳で幅2m。現在6本見つかっており、5kmごとに休憩所、15kmごとに関所、30kmごとに宿場がありました。
 また、建物は2階建てまで、窓は幅1.2mまでと決められていました。
インカ道

高い石垣 遺跡の修復工事
ワイナ・ピチュと遺跡の風景
ビュースポットからの風景
 右にアンデス山脈が連なり、左(南)に段々畑が広がっていました。ここの畑は乾燥したため今は使われていませんが、ペルーではシャボテンを食用にし、世界一大きいジャイアントコーンを作るなど水が豊富なので野菜がよく採れるそうです。ホオズキはアズアイマント?と言いジャムに、タロイモ、パッションフルーツなども作っています。魚はナマズ、マスなどを湖で養殖しています。
 遺跡の東と北西の山に旗が立っていました登頂を記念して立てられたのでしょうか?ペルーの国旗ではありませんでした。 
東の山の旗 北西の山の旗 遺跡の下を流れるウルバンバ川
見張り小屋: 管理人居住跡(各段に1個合計5個)
見張り小屋には日の出る方角(春分、秋分、夏至、冬至)に3つの窓がある


ガイドさんの案内に従って遺跡内を見て周りました
左手上方住居建造物群 王女の宮殿(2階建て:窪みに装飾品を置いた)
太陽の神殿(冬至に窓から朝日が差し込む) 神殿の下の陵墓(ミイラを安置:よみがえりの場)
水汲み場 王の区画(中庭:太陽を写す天文台)
王の区画(仕事部屋?) 居住区域:マチュ・ピチュ山の頂上を望む
中央がコンドルの神殿 1350年頃の地震により亀裂の入った主神殿

 太陽の神殿に対する月の神殿はワイナピチュ山の北側にあります。ワイナピチュは険しい山なので登るときは管理小屋に名前を届けなければなりません。月の神殿は洞窟の中に作られた美しい建造物だそうですが、ここを訪れる人は少ないとのことです。
 聖なる広場に菱形で斜めに置かれた石があります。高い角の指す方角は南西を向いていて南十字星の昇る方向です。(残念ながら今の季節は南十字星は見えないとのことでした)
 建築材料としては安山岩や花崗岩が多く使われました。接着剤を使わずに隙間なくはめ込むように細工された建物。重要性の低い建物は漆喰で結合しました。宮殿や宗教的建造物の石は研磨して、ぴったり合うように積み重ねるなど、さまざまな工夫がなされています。
 インティワタナはマチュ・ピチュで一番高いピラミッドの上に置かれています。「太陽をつなぎとめておくところ」という意味で日時計の役割をしていたと考えられています。上に載っている四角の柱の角は東西南北をさしていますので、農作業の情報を得るために大切だったようです。
菱形の石 石切り場 ピラミッド
三つの窓の神殿 インティワタナ
南斜面に広がる段々畑 北斜面に広がる段々畑
小さな石の角柱を漆喰でつけた低い技術の建物 リャマ
ワイナ・ピチュの登り口の小屋「ワイラナ」 後ろの山を模した聖なる岩(右はピューマの顔?)
職人(食物、織物、焼き物)の居住区 石臼の宮殿:空を観察するため屋根がない
コンドルの神殿:頭部(拷問場?地下に牢) コンドルの翼の形の岩

マチュピチュで見かけた野性動物
モルモットくらいの大きさの哺乳動物 スズメくらいの大きさの小鳥

植物
ラン科(デンドロビウムの1種) アカバナ科?

マーケットでピンク色のインカ塩(マナス)や置物などのお土産を買い
アグアスカリエンテス駅近くのマーケット 高原列車

オリャンタイタンボ駅で下車。バスでクスコに戻りました。
タイピカラクスコホテルではアンデスの民族音楽で歓待してくれました。
フォルクローレの演奏 アンデスの踊り

翌朝モーニングコール4時15分。5時30分ホテルを出発。約20分で飛行場着。
早朝のクスコ(ホテルの通り) 日の出
クスコ7時15分発の飛行機で1時間25分後リマへ着きました。