ナスカへ行く途中、山腹にハートの模様と文字が描かれているのを見ました。これは元大統領フジモリ氏の娘「ケイコ」氏を次期大統領にと応援する市民が書いたものだそうです。
 また、ペルー人は鶏肉を好むので養鶏所がたくさんありました。しばらく走ると砂漠が広がっていて、海に沈む夕日、はるかかなたまで直線道路が続く景色など長時間バスに揺られての移動なのに、飽きも疲れも感じず、旅情を十分に味わうことができました。
フジモリケイコ氏応援の文字 養鶏所の見える景色
砂漠地帯 ハイウェイと交差する道路
夕暮れ 日没

 ナスカ・ラインズホテル泊。旅行は地上絵の観光で終了です。モーニングコールは4時30分。朝食は5時から、6時出発。飛行場まで約5分。
 ナスカの地上絵はマリア・ライヒェが妹レテーナ・ライヒェと40余年の月日をかけて謎の線について研究を進めて発見したもので、1994年。ユネスコの世界人工文化遺産に登録されました。ここの砂地は少し掘ると白い部分が出てくるので掘ることにより絵を描くことができます。深さは30cm弱です。絵は水に弱いのですが年間雨量1mmと少ないため壊れずに残っています。以前雨によって「手」?の一部が崩れたことがありました。また、ハイウェイ建設で「トカゲ」が二つに切れてしまいました。現在は壊れたときは修復できることになったそうですが、「トカゲ」復旧できないようです。
 セスナ機で飛ぶ順番は不明ですし、絵は早朝が良く見えるということもあり、できるだけ早く観光を済ませてペルーに戻るため配慮されたようでした。運よく天候は晴れ。遊覧飛行に先立って次のような注意を受けました。
 フライト後5分くらい経つと「クジラ」が見えます。「宇宙人」は山の斜面です。説明されて見えなかった場合気持ちを切り替えて次に期待すること。こだわるとパニック状態になるので気をつけるように。頭を左右に動かさない。肉眼で確認してからファインダーを覗くと酔うことがある。762本のラインがあるので惑わされやすいなどでした。(写し損ねたもの、全景が撮れず不完全なものなどがあります)
アエロ・コンドル社のセスナ機
光の反射の具合で色がさまざまに撮れました
クジラ 宇宙人
サル クモ
コンドル ハチドリ
オウムの頭部
キ(木) テ(手)
 「木」と「手」はマリア・ライヒェの建てたミラドール(観測台)に上って撮ったものです。

セスナ機からの眺め パン・アメリカンハイウェイ

ナスカ空港 ミラド−ル

マリア・ライヒェ博物館 簡易レストラン?
インヘニオ川 イカ市の葡萄畑
 マリア・ライヒェ博物館はかつて彼女の研究室でした。中には女史の集めた資料や地上絵に関するもの、保存運動の様子の写真などが展示されているそうです。庭にはマリア・ライヒェ女史と妹レナーテさんのお墓があります。
 インヘニオ川にはまだ水がありましたが、夏には干上がって、水無川になるそうです。
 リマから約308km南にあるイカは砂丘の町ですがイカ川の水を利用してぶどうを作り、葡萄酒をつくっています。ペルーの農業は近代農法でイスラエル点滴法といわれ、ホースを敷き詰めて計画的に水と養分を流しています。水はアンデス山の伏流水です。耕地面積は日本と同じくらいですが人口が5分の1なので自給率が高くなっています。アスパラガス(世界第2の産出国)、アーティチョーク、ワタ、トウガラシ、タマネギ、ブドウ、ミカンなどを栽培しているとのことでした。

 マリア・ライヒェは1903年ドイツのドレスデンで生まれました。ドレスデンとハンブルグで数学、物理、地理学を学び、ペルーに渡って家庭教師をし、後インカ時代の太陽観測所について調べ地上絵研究へと移った。
マリア・ライヒェ 10月10日の日の出

 午前1時40分リマを発ったLA2604機は、途中で夜明けを迎え11時過ぎロサンゼルスへ、ここで乗り換えて翌日成田着。長いこと思い描いていた南米への旅も束の間の夢のように終わってしまいました。(乗り継ぎのため立ち寄ったアルゼンチン:ブェノスアイレスについては機会があったら載せます)