正式名称ポーランド共和国。
 中東欧の国と呼ばれるポーランドは、北はバルト海に面し、北東にロシア、リトアニア、東にベラルーシ、ウクライナ、南はスロバキア、チェコ、西はドイツと全部で7カ国と国境を接しています。面積はヨーロッパ第7位、32.3万平方キロメートルです。
 国旗は横に二つに分割、上が白色で平和を表し、下は赤色で自由をあらわしています。国章は白い鷲。2004年にEUに加盟しました。通貨はズロチ(ガイドブックなどにはズウォティと書かれていますが工藤久代著「ワルシャワ貧乏物語」にズロチ、また私たちに発音しやすい点でもズロチでいいと思いました。1ズロチは今回の旅行で約45円位ではと思いました(円安の影響?)。日本との時差は8時間遅れ。(旅行中は夏時間だったので7時間)
 首都はワルシャワ。公用語はポーランド語(大部分の所で英語が通じるようでした)宗教は約88%がカトリック。識字率99.8%。教育に対する意識が高く50%が学位を取得。世界第1位です。小学校は義務教育8年間、高校4年、大学は18歳から入学可能で5年、医学部6年で教育費は無料。職業、専門学校、私学は有料。最初入った大学でついていけず、ランクの低い楽な大学に入り直す人もいるとか……。
 病院は国立は無料だが設備があまり良くないこと。私立は有料で設備が良いとのことです。
 国土は全般的に低く平ら、山は南に行かないとありません。最高峰でも2490メートルです。全体的に標高200m以下で中央を長さ1090kmのヴィスワ川が流れていてバルト海に注いでいます。
 気候はほぼ大陸性で変化に富み「早春、春、夏、秋、初冬、冬」の6季節がありますが雪は10センチメートルくらいしか積もりません。
 民族は西スラブ系に属するポーランド人が殆どで、好きな食べ物はゆで卵と、肉と、ジャガイモで、アルコールが好き、風邪を引いたらお酒を飲んで寝てしまう?とか日本人に似ているようです。
 ポーランドの歴史は紀元前7〜8世紀に始まったと言われ、966年ミエシコ1世がキリスト教に改宗したと伝えられています。古代国家が栄たのは15〜16世紀ヤギェウオ朝の時代です。(クラクフにはこの名を冠した大学があります)ポーランドはその後3回も国の分割が行われ、1795年の第3次分割では国家が消滅。123年に及ぶ自由のための戦いが起こり、1918年共和国として独立。しかし長く続かず、第二次世界大戦でドイツに占領されました。大戦前は総人口の3分の1をユダヤ人、ウクライナ人、白ロシア人、ドイツ人が占めていましたが、戦時中のナチスによるユダヤ人大量殺害で総人口の22%、約600万人、が死の収容所その他で失われ、(算定方法により人数に違いがあるそうですが)戦後は、ロシアとドイツ系民族の移動で人口が減少しました。現在98%がポーランド人で約4000万人ドイツのほぼ2分の1です。
 1945年に独立を回復、1948年ポーランド統一労働者党結成、共産党による独裁体制となりましたが1989年「連帯」が政権を握り社会主義体制が崩壊。現在の民主的な共和国となりました。旅行中、小雨の日や、晴れ間の覗いた日もありましたが、葉を落とした木が多く、空はどんよりしていたように記憶しています。ガイドさんの話によると、ポーランド人は勤勉で、朝は7時ころから夕方は4時か5時ころまで働くそうです。また、これから来年春まで、連日鉛色の雲に覆われ、日はあまりささないとのこと。でも人々の心は暖かで、とても親切、暮らしやすい街という印象でした。

 好運にもワルシャワでは好天に恵まれ、ホテルの窓から日の出を見ることができました。ヴィスワ川が光って見え感激しました。




旅の行程は下の通りです下線付地名はリンクしています

ワルシャワ ザモシチ クラクフ → オシフィエンチム →
カルバリア・ゼブジドフスカ → ヴィエリチカ → ヴィスコヴァスカ村
→ チェンストホーヴァ → ワルシャワ→ 帰国

ポーランドの地図