第二次世界大戦後。チトー大統領によって治められていたユーゴスラビアは、ヨーロッパ南東部、バルカン半島の中部と北西部からヨーロッパの中部にまたがっている地域(いわゆる社会主義の連邦共和国)で、セルビア、クロアチア、スロベニア、ボスニアヘルツェゴビナ、マケドニア、モンテネグロの6カ国からなる多民族国家でした。これら6カ国には夫々の言語、宗教、昔からの文化遺産・遺跡があり、観光価値のある国々でした。
 大統領の死後、スロヴェニアは1991年に独立。クロアチアも1991年6月に独立しましたが、クロアチアは戦場となり、この時の戦争で受けた傷跡は、今も海岸沿いのザダルやドブロブニクに残されています。
 機会があったら、更なる復興を楽しみに異なる季節に訪れてみたい国です。
  
下の地図のスロヴェニアクロアチアから、各記事にリンク
していますが、印からは、リンクしていません。


   

クロアチアのページへ スロヴェニアのページへ