2008年10月31日。成田空港を出発、タシケント〜サマルカンド〜シャフリサーブス〜ブハラ〜ヒヴァそして再びタシケントに戻り、タシケント空港から成田までという全行程8日間のツアーでした。
 ウズベキスタンは、現在アジアで影の薄い存在ですが、かつては輝かしい歴史の時代があり、サマルカンド、ブハラなどはシルクロード交易の中継地として紀元前から発展しました。
 貿易上、交通上の位置と土地の豊かさは、列強の侵略の標的となり、サラセン、蒙古、ロシアなどの支配が続きました。この間、ティムール帝国の時代に首都サマルカンドを中心にウズベクの文化が興隆しましたが、次第に東西世界の中継地としての意義を失い一辺境国となってしまいました。
 1991年、ウズベキスタン共和国が独立してからは大規模な国土開発計画が行われ、新しい国に変わりつつあります。
 ウズベキスタンの産物では、綿、絹、羊皮、ブドウが有名。鉱物資源としては、シルスウルスの硫黄、ガズガンの大理石、アルマルイクの銅、フェルガナの石油などがあります。
 

今回観光した地点を赤丸で印しました
出発はタシケントからです

今回のツアーでは、親切で気配りの届く添乗員さんと
日本語が巧く、説明が上手なガイドさんにめぐり合い感謝しています。