〜二つの大都市とその近郊と〜
香りが魅力の熱帯の花プルメリア


  『海外旅行』今年はベトナムにしませんか?と友人から誘われ、先ず頭に浮かんだのはベトナム戦争のことでした。戦後30年近く経った現在。枯葉作戦で傷ついた大地はどうなっているのでしょうか、この眼で確かめてみたいと思いました。
平成15年3月18日11時。成田空港を飛び立った私たち一行4人は5時間後の16時ホーチミン市のタンソンニャット空港に着きました。この時の気温は33℃、灼熱の太陽が照り付けていました。約北緯10度。暑いのは覚悟の上でしたが、10日以上も体力が続くかどうか一寸心配でした。



 ベトナムでの第一印象はバイクの多いことでした。一日中。あらゆる道路がバイクで溢れていました。
 HONDAのバイクに人気があり、一台2000ドル。
中国製の物は500ドル。

 ガイドさんの一ヶ月の給料は1000ドルだそうで、なかなか買えませんと言っていました。
信号待ちをしているバイクの一団


  ベトナムの通貨はドン(VND)ですがUSドルも使用できました。(日本円の両替も可能で1万円が1,229,000ドン)紙幣にはホー・チ・ミン・の肖像が印刷されていて、一番額の大きい紙幣は10万ドンでした。

  ゼロの多さにびっくりした10万ドン紙幣




次ぎをクリックしてご覧下さい
ホーチミン市
    ミ ト ー 
  ムイネー
  ハロン湾
  ハノイ