ペーパーナイフは文字通り紙を切るための道具です。主人が小岩井農場に行ったとき、お土産に買ってきたのが始まりで、子どもたちが北海道の修学旅行の折にアイヌの木彫りや枝を削って作ったナイフや、友人と韓国に行ったときなど、1本また1本と集まるようになりました。先が尖っていて殺傷能力?があり、他人にお土産に上げるのは何となく憚られるような気もします。フランスに行ったときには、ついうっかりして手荷物に入れてしまい、空港で取り上げられて失敗した経験もあります。材質は様々でベトナムは象牙、インドネシアは銀、その他真鍮、プラスチック等。スペインのミハス「アマポーラ」で求めた物は実用よりインテリアとして飾りたくなるデザイン。お気に入りの1本です。


小岩井農場(表:裏) ブラジル 韓国(表:裏)
ベトナム(表:裏)【象牙】 北海道木彫り 北海道【樹の枝】 ニュージーランド
   
エジプト スペイン  クロアチア インドネシア【銀】