外国を旅行すると、ホテルの朝食やマーケットで、見たことのない珍しい?果物にときどき出会います。そのたびに友人やガイドさんに名前を聞いたり、家に帰ってから本で調べたりしていました。
 買って帰りたいと思っても、検疫があるので、そんなに簡単に日本には持ち込めません。ところが最近は、デパートやスーパーの店頭に、いろいろな外国産の果物が並ぶようになりました。産地の表示もあるので、つい好奇心から一つ二つと買って試食しているうちに、記録として写真に撮って残すことを思いつき、まとめてみました。

値段は季節やお店によってさまざまです。賞味して旅行した気分になるのも楽しい!?
大きさの比較



アップルマンゴー
(メキシコ産)
   パロットマンゴー
   (フィリピン産)
パロットはオームのこと。頭部がオームの嘴に似ている。
グリーンマンゴー
(カリフォルニア産)
 インド原産。ウルシ科に属し、高さ30mに達する常緑高木。果樹として最も古い歴史を持ち、熱帯、亜熱帯に広く栽培されています。果肉中に硬い殻をかぶった1個の種子があります。未熟果は酸味が強く過敏症の人は注意が必要です。

 熱帯アメリカ原産。クスノキ科。でこぼこした表皮がワニ皮に似ているのでアリゲーターフルーツとも云われています。バターのようにパンにつけて食べてもよいので「森のバター」の名もあります。
アボカドとその縦断面
(メキシコ産)

 キワノとはニュージーランドの会社の登録商標で別名ツノニガウリともいわれます。ウリ科でキュウリの仲間です。
 橙黄色の果皮に棘状の突起があり果肉は緑色のゼリー状、甘みはほとんどありません。 スプーンですくって種ごと食べます。
キワノとその縦断面
(ニュージーランド)

 サボテンの一種です。
ベトナムを旅行したときガイドさんがドラゴンフルーツと呼んでいましたが、俗称なのでしょうか?食材図典には「ピタヤ」と書かれています。ベトナムのものは果肉が白く甘かったと記憶していますが、これは果肉が赤く、酸味が強い品種です。

ドラゴンフルーツとその縦断面
(コロンビア産)


 原産地はメキシコで、レッドピタヤというのが正式名称のようです。
 果肉中に胡麻粒のような小さな種子があり、果皮を取り去ると、胡麻餅に似ています。物の本に、食感はショリショリと書かれていますが、買ってから青森に持ってきたため2晩経過、過熟気味でネトッとした感じ、爽やかさはありませんでした。 収穫後すぐに食べるのが適切ではないかと思いました。

 
ドラゴンフルーツとその縦断面
(沖縄産)
新潟市で購入

 茎が、岩の上をはって伸びるサボテンの1種です。この仲間は数種類あり、果実の長さは8cmくらい、中の黒い粒々は種子です。
甘くさわやかな酸味があります。
ピタヤとその縦断面
(コロンビア産)

 オトギリソウ科の常緑高木で高さ6mほどになり雌雄異株です。マレー原産。果実は約5〜8cmのやや平たい球形です。上品な甘みと芳香があり世界三大美果のひとつで熱帯産果物の女王といわれています。
 日持ちはあまりよくありません。
マンゴスチンとその横断面
(メキシコ産)

 フトモモ科。熱帯アメリカ原産の常緑小高木。昔からインディオが食用にしていました。
世界の熱帯、亜熱帯で栽培されています。
 果実は甘みと淡い酸味があり、生食のほかジュース、ジャム、ゼリーなどに加工されます。
グァバとその横断面
(メキシコ産)

 パンヤ科。マレー半島、カリマンタン原産の常緑高木。果実は人の頭くらいの大きさで、たまねぎが腐ったような匂いがしますが、果肉は甘く、クリーム状で果物の王様と言われています。
 人の頭ほども大きい果物です。リンゴと比べてみました。
 バリ島のスーパーには、果肉を4個位に切り分けて、発泡スチロールの皿にのせ、ラップをかけたものが、たくさん並んでいました

 
ドリアンとその縦断面
(タイ国産)

 ミカン科。メキシコ、グァテマラの高地原産。高さ15mほどの高木で、果実の直径は7.5〜10cm。熟すと黄緑色になります。果肉は柔らかく香りがあり、甘くかすかな酸味があります。
 生食のほか、シャーベットにします。日本へはカリフォルニアから輸入されます。
ホワイトサポテとその横断面
(アメリカ産)

 パイナップル科アナナス属。ブラジル原産の常緑多年草。熱帯アメリカでは昔から栽培されていました。日本には1849年オランダ船によって伝えられました。
 名前の由来は果実の形が松かさ(pinecone)に、味がりんご(apple)に似ているためです。 日本では沖縄で採れますが、主にフィリピンや台湾から輸入されます。生食、缶詰、ジュース、乾果などで食します。
 外国ではパイナップルジュースとは言わず、アナナスジュースです。
パイナップルとその横断面
(フィリピン産)

ゴレンシ(五歛子)カタバミ科。原産地はマレー、ジャワ、モルッカ諸島、インドなどと言われています。常緑小高木。果実は断面が星形になるのでスターフルーツと呼ばれます。甘味種と酸味種とがあり、ビタミンCやペクチンをたくさん含んでいます。
スターフルーツとその横断面
(宮崎県産)

 ライチとも言います。ムクロジ科。中国南部からインドシナ半島にかけて原産する常緑小高木。楊貴妃がこの実を好んだと言われています。果肉は白色半透明で美味、中国料理のデザートに欠かせない果物です。縦径は3〜4cm。日本では鹿児島の一部で栽培されています。
レイシとその縦断面
(台湾産)

 パパイヤ科。熱帯アメリカ原産、常緑草木状低木。16世紀の初めスペインの探検家により発見されて熱帯、亜熱帯の各地で栽培されています。果肉には黄色と橙赤色の2種類があり、独特の香りがあります。果肉にはたんぱく質分解酵素のパパインや、ビタミンC、Aがたくさん含まれています。 縦に2つ又は4つに切り、レモン汁をかけスプーンですくって食べます。
パパイヤとその縦断面
(フィリピン産)

パッションフルーツ(果物時計草)と果実断面
(産地不明)
トケイソウの花
(東京都八王子)
 トケイソウ科。ブラジル原産。果実をとるために品種改良されたトケイソウの果実。和名は花の形を時計の文字盤に見立てたものです。熱帯アメリカ原産ですが、沖縄でも栽培されています。多数の種子を包むゼリー状の果肉は多汁で甘酸っぱく、よい香りがします。花は東京都八王子の民家の生垣のものです。果実をとる品種(果物時計草)のものとは少し違うと思います。

 ザクロ科。ペルシャ地方を中心に原生し、有史以前から栽培されてきた果物です。日本には平安時代に中国から伝えられました。果実は球形で100〜500g。隔壁に仕切られた数個の子室があり、多数の種子が並びます。種子の外側を覆う多汁な外種皮を食べます。さわやかな酸味と甘味があります。
 果皮が裂ける品種は食用には向きません。
ザクロとその縦断面
(アメリカ・カリフォルニア産)

ミカンの仲間です。元来は、東洋の赤道地帯が原産地ですが、日本ではメキシコやアメリカ南部から輸入されることが多い。メキシコから輸入されるものはメキシカン・ライムといわれ、40g程度の果実ですが、アメリカから輸入されるものは、タイチライムと呼ばれて100g程度です。
 両系統とも、球形で両端がやや尖り、果頂に小さい乳頭があります。果汁をドレッシングや飲み物の原料にします。
ライムとその横断面
(メキシコ産)

アメリカで酸味のないブンタンに4倍体のグレープフルーツを交配して育成し「オロブランコ」Oroblancoと名づけられました。
イスラエルから輸入されているものは同じ品種ですが、スウィーティと呼ばれています。酸味はグレープフルーツより少なく甘く感じますが、人によっては食後口唇にかすかなひりひり感が残ります。
スウィーティとその横断面
(イスラエル産)