数十年も前のことになりますが、東奥日報社でニホンサクラソウの展示会があった折に、楊柳の笛を一株いただきました。その花の可憐さにとりつかれ、機会あるごとに一つ二つと集めていましたら、いつの間にか30品種以上になっていました。
 さくらそうの会の認定品種は、現在 297 もあるとのことですから、それに比較しますとほんの僅かです。しかし、多くの方にニホンサクラソウの魅力を知って頂きたいと思いましたので、ホームページに載せることに致しました。


     
 野生種
 
五所川原産
 秋の装
 花径41mm。桜弁、浅抱え咲きで横向き。葉弁の裏側が青紫色、表は白
 東 鏡
 浅いかがり弁。花弁の三割程度は淡紅内白、裏は紅、横向きに咲く
     
 一念力
 つかみ咲き。花弁の裏紅色、表曙白、花が小さい、江戸期の風情
 王昭君
 銀孔雀
 深抱え咲き。表は純白裏に淡い紅紫色のぼかしが入る、花は大きい
     
 香炉峰
 小桜源氏
 梅弁、受け咲き。淡桃色地に紅絞り、野生的でよくふえる
 駒 止
 平咲き。花弁は表裏ともにごく淡いとき色、のちに白くなる
     
 京鹿子
 かがり弁。花弁は表裏ともに紅色、表に星形の白い目がある
 獅子奮迅
 波打ち花弁。獅子咲き裏は濃紅、表曙白、フリンジ無は百千鳥
 七賢人
 広桜弁。花弁は淡桃色に紅絞り、野生種から見出された
     
 蜃気楼
 広桜弁平咲き。花は横向き、花弁は表裏ともに青紫色、表に目
 西王母
 采配咲き。花弁裏は濃桃色、表曙白、垂れ下がって咲く、名花
 雪月花
 かがり弁。花弁は表裏ともに純白、雪の結晶のような形
     
 前代未聞
 盃咲き。横向き、花弁はとき色地に紅絞り、育てやすい
 竹取姫
 桜弁、花弁は表裏ともに純白、古典的な小形でおとなしい花
 玉珊瑚
 玉咲き。花弁の裏側は沈んだ赤色、表は底白だが殆ど見えない
     
桃 園
 基部の細い重ね弁。重ね弁。葉弁は桃色で、表は底白。やや遅咲き。 
 鳴海潟
 桜弁。花弁裏は桃色、表曙白、株も葉も大形、潟は大きな花の意
 南京小桜
 小形の梅弁咲き。花弁は紅色で爪白、最も小輪、最古の品種
     
 錦ケ原紅
 濡 燕
 桜弁。花弁は裏が淡桃色、表底紅で目がある、野生種に近い
 白蝶の契
 広い浅かがり弁。花弁は表裏ともに純白、草姿が端正
     
 美女の
 深かがり弁。花弁の裏側は紅色表は底白ぼかし
 人 丸
 星抱え咲き。裏側桃色大きな弁先が両側から内に折れ星形になる
 緋の袴
 細かがり弁。花弁の表裏ともに濃紅色、表中央に淡目、人気品種
     
 北斗星
 粗いかがり弁、平咲き。表桃色で底紅、可愛らしい小輪花、人気品種
 三国紅
 浅抱え咲き。花弁は表裏ともに紅色、表に目、三国一の紅色の意
 楊柳の笛
 深かがり弁。花弁の裏側淡紫色ばかし、表底紫ぼかし魅力的な花
     
 東 鏡
 浅いかがり弁。花弁の表は淡紅内白、裏は紅、横向きに咲く
 戦 勝
 深かがり弁。表裏共に紅色、爪白、星状の目、昭和初期代表花
 品種名不明
     
 品種名不明
 品種名不明  品種名不明